富士林道

梅雨も明けて、一層暑さが身に沁みてきました。
しかし今日は予報は曇り。所々で雨が降るかも・・・、と言った天気のようです。
自転車で走るにはカンカン照りよりも却っていいかもしれません。でもやはり夏。このところの夏の猛暑を見れば無理は出来ません。やはり標高の高いところがいいでしょう。

結構前から思っていても中々足が向かなかったところ。富士の麓に行きましょう。

地図を見ると、スバルラインの西側に結構高いところまで延びている道が記載されています。これが富士林道。1900メートルほどまで上っていく道なのです。

8時半に富士のレーダードームを保存してある道の駅「富士吉田」を出発します。でも予想に反してカンカン照り。トイレに行くために車から降りただけで、目がくらみそうな暑さ。

どうなることか、先が思いやられます。ここは天然の富士の湧水が出るので、冷えたそれをボトルに詰めて、裏手の道から出発すると・・・。
なんとめちゃくちゃ涼しい。
両側から木が生い茂り、その陰で太陽が全く当たりません。そのせいか走り始めるとすぐに涼やかな風に身体が包まれたのです。ここはまだ標高900メートル。それなのに・・・。
さすがは富士です。

規制が敷かれているスバルラインの道を横断し、墓苑の中を進むと、船津林道の入り口。

恐れていた暑さとは縁遠い道を淡々と上っていきますが、この船津林道、墓苑の中を通るのですが、それが過ぎて「船津林道」の標柱が出ると途端に急坂が現れます。

ウンウン上っていくと富士林道に突き当たりました。
標高線を斜めに突っ切る形の林道は、緩やかですが確実にその高さを増してきます。時々伐採され見晴らしの良くなった処に出たり、伐採された杉の木がきちんと段状に重なって出荷を待っている処に出たり、でもほぼ陽は遮られているのです。

01

02


太陽はいつの間にか雲に隠れ、霧が周囲を包んできました。
一層涼しさが増してきます。上りだというのに一枚羽織りたいほどです。
この林道見るべきものはほとんどありません。視界は効かないし、見るべきものもない。人も車も皆無。ただ鳥の声と風が木々を渡る音、そして私の息づかいのみです。
03

1700メートル付近まで上ってきました。雲がパッと切れて、突然に富士が姿を現します。
04

05

そして少し明るくなったと思う頃、富士林道の終点に到着。
右が富士林道、左が軽水林道です。軽水林道は昭和32年竣工とありますので、かなリ古い林道です。そういえば、昭和47年編集の五万図にもこの道の記載がありますから、かなリ古い道なのでしょう。
06

すばらしいダウンヒルでした。
軽水林道は大きなカーブもなく、すばらしい下りの一時を堪能しました。一気に下って鳴沢林道に入ると急に暑さがぶり返したようでした。
07

突然にふじてんリゾートというリゾート地の入り口に飛び出しました。

あとは国道に出て、ついでに河口湖に寄って、今が夏であることを思い出すように直射日光が照りつける道を車をデポしたところまで戻るのでありました。
08

09


帰りは道志から宮が瀬湖を経由ました。宮が瀬湖の水位が非常に低くなっていました。、水不足にならなければいいけど・・・。
170724011.jpg

小百合効果?

17日、関わっている障害者親の会の夏のイベントのための下見に北八つに行きました。
ついでに白駒の池にも寄り道。

JRのCMで吉永小百合さんがでているあの池です。朝5時過ぎにでて現地に着いたのが8時過ぎだったにもかかわらず、予定指定たっむりょうの駐車場は既に満車。有料駐車場も後数台で満車とか。小百合効果絶大です。
でも車から降りてくる人を見ると、完全に山のカッコをしている人もいれば、サンダル履きのような軽装の人もいました。

山だからそれなりに危険なんだけどなぁ、と思うのでありました。
01

02


白駒の池に来るのは42年振り。学生時代、サイクリングの合宿で松原湖から地道を延々と上ってきてようやくここまでたどりついたのでした。当時のことはほとんど覚えていませんが、今日ほど人はいなかったのは確かです。
03


イボイボ・・・?
04

05

周囲は様々な苔が密集していて、目を近くにやると、ミクロの世界が広がっているのでした。
06

07

08

09

10


2時間ほどゆっくり池を巡って、下見の地、八ヶ岳自然文化園に車を走らせるのでした。

快調なペースで・・・

毎朝、精力的に走っています。
一時の腰の違和感も解消され、また入浴法を少し変えたら、夜中に起きることがほとんど無くなりました。

いつものコースを走ると、大体50分を少し超えるくらいだったペースが、この2・3日、40分台でクリアしています。


境川CRもまさに真夏。少し停まると汗が噴き出てきます。
01

それにしてもいい天気が続いていますねぇ。
02

稲も大分伸びてきましたねぇ。
カルガモの子ども達も見えなくなってきてしまいました。大きくなったら自分の処で食べるのかな?と思っていたら、どこかに売ってしまうそうで・・・。
03


新しい靴を買いました。
シマノのSH-CT80というヤツ。本革製でまぁまぁの見栄え。11000円という価格にも納得でした。
歩いてもクリートが路面に当たらないので、カチカチ音が無く、それだけで変なストレスが無くなります。甲高なのですが、それに充分対応しているようで、今までに購入した中で、一番しっくりいっている気がしています。
04

今度の連休は、さて???

甲斐大和から上って下って・・・


先週、リハビリサイクリングと称して100キロ近くの走りをした訳ですが、今週は少し上りを確かめてみましょう。と言うことでやってきたのは、道の駅:甲斐大和。

地図を眺めていると、甲斐大和から大菩薩の麓の上日川峠まで様々な道が通じています。ほとんど林道で、何処を走っても標高差は1000メートルを超えます。嵯峨塩鉱泉を通って行く道は経験済み。

そこで今回は菱山深沢林道、深沢嵯峨塩林道、砥山林道、下日川峠林道、日川林道、そして焼山沢真木林道と林道をつなぎ合わせたコースです。

道の駅で組み立てて、R20を下って柏尾から急坂を上っていきます。辺りはブドウ棚が沢山あって、まだ6時になったばかりなのに既に作業している方がチラホラと・・・。
既にローローでなったギヤでも辛くなった頃、菱山深沢林道の起点(終点?)に到着。
01

少しばかり楽になった道をゆっくりペダルを踏んでいきます。いつの間にか蛇行しているような・・・。
02

そして深沢嵯峨塩林道に入ると、調子も上がってきて、ルンルン気分になるのです。天気はどん曇り。お陰で熱中症の心配はないものの、かえって指切り手袋では寒いくらい。景色も大したことが無く、ただモクモクと進んでいくのでした。もちろん景色なんて期待もしていなかったのでした。
03

「おーっ!!」つい叫んでしまいました。急に目の前に富士が・・・。
手前の山々にかかる雲が何ともいいでしょ?
04


この林道、法面の崩落が半端でなく、あちこちで崩れておりました。通行止めになることもあるんじゃないかなぁ。
05

上りきって、富士と一緒にパチリ。
06

07


下りはウィンドブレーカーを羽織っても寒いくらい。そういえば笹子トンネルのそばの温度表示が14度でした。あっという間に下りきり、すぐに砥山林道に入ります。
08


今回の目的の一つに下日川峠に行くことがありました。上日川峠は非常におなじみですが、下日川峠は特にサイクリストの間では、ほとんど知られていないような気がします。
知山林道をシコシコ上っていくと、この分岐に着きます。下日川峠林道。
ここからダートになります。今回細いツアラー26Cに交換し、ちょっとダートは心配です。
09

いいダートです。
10

緑に紅。
11


GPSに保存した下日川峠のすぐ近くまで来ているにもかかわらず、どうしても見つかりません。何度か行ったり来たりを繰り返しますがダメ。仕方なく引き返そうと思ったとき、少し手前に二股に分かれる道があって、そちらに「源治郎岳」の道標があったことを思い出しました。そこで戻ってもう一方の道を上り始めるとすぐに、ふたたび「源治郎岳」の道標。すると地形図通り、さらにGPSの指示もピッタリ峠に重なりました。ここが峠だ!!
01


標識はありません。ただ源治郎岳への分岐状態が地図と同じだったことで間違いないでしょう。
12


ここで一服、と思っていたのに、余りに愛想が無くてすぐに下りました。

砥山林道に戻ってからも、思い出したように富士が顔を現します。
13

そして大菩薩湖。すごい名前です。そしてここをせき止めているダムは上日川(ひかわ)ダム。峠の名前は「にっかわ」なんですが、これってどういうことでしょう。
14

その湖のビューポイントらしい場所からの富士です。時間が経つにつれて雲が覆ってきました。
15

案内図。これを見ると、砥山林道の沿道に中日川峠があるじゃないですか。そういえば道標がありましたが、峠の表示はありませんでした。
16


大菩薩湖を一周して、今度は日川林道です。ずっと標高1500メートル前後を上ったり下ったり。さすがに足に来ています。少し上っていてもすぐにローロー近くまで落とします。でも自分のペースで進んでいくと、何とかなるもので、余り長い休みも取らずにここまで来ることが出来ました。
あと数十メートル上れば、標高差1000メートルのダウンヒルが待っているのです。

湯の沢峠の分岐を過ぎて、一気に下るのでした。
17

18

19

道の駅に着いたのが12時過ぎ。6時過ぎに走り始め、全くと言って良いほど平地がない、上るか下るかの繰り返しの6時間弱のハードなサイクリングでした。
20


これで家に帰って午後4時半には世田谷に行かなくては・・・。誠に忙しい日曜日なのでありました。

上りもなんとかこなせそう。これで事故の影響は払拭した、と思いましょう。

津久井湖・宮が瀬湖 リハビリサイクリング

先週、転倒事故を起こして、身体のいろんな処にダメージを受けました。打撲は直後に出るものよりも、時間が経過してから出るものの方が身体には大きなダメージを与えているもの・・・。

今回も数日してから様々なところに違和感が生じてきました。もちろんすぐに収まるのですが・・・。


そういうわけで、本当は甲州のまだ走っていない場所に輪行で行こうと思っていましたが、自重して自走に変更。獲得標高も少なくしてややのんびり走りにしましょう。

津久井湖と宮が瀬湖をつないだおなじみコースにしました。

境川CRを北上、橋本付近でR413に入り、津久井湖を目指します。

津久井湖、城山ダム。ここから三井まで北岸の狭小路をたどります。
01


県道515。津久井湖や相模湖の喧噪とは無縁の静かな道を堪能です。そこそこのアップダウンでリハビリにはもってこい。
02


名手橋。
515号線は三井の先、赤馬(あこうま)まで続いているのですが、今は廃道になっています。そしてその先には、事件のあった「やまゆり園」があります。
03


三ヵ木にでて、宮が瀬湖にハンドルを向けます。緩やかな勾配を詰めていくと鳥居原園地。ここで昼食。本当にのんびりです。付近を散策します。


そしておなじみの土山峠から厚木に向かって楽しいダウンヒル。ここは小鮎川の川岸。厚木に向かってポタリング。
04

腰の痛みはずっと残っていましたが、ペダルを踏んでいるときはそれを感じないでいられました。終わってみれば100キロ。上り下りが少なかったので、汗もそれほどかかず、ずっと気持ちのよい気分で過ごせました。これがリハビリですな。

さて、来週はと・・・。