初体験ー北欧の旅(1)

飛行機に乗ったのは、37年前の新婚旅行で北海道に行った時のYS-11(ちなみにプロペラ機)以来のこと。更に海外に行くのは今度が初めて。

2月頃、テレビでフィヨルドが番組に取り上げられたことがありました。名所旧跡は余り興味はないのですが、フィヨルドは非常に興味がありました。だって、日本にはないものだから・・・。

その頃、偶然に「北欧の旅フィヨルドを巡る8日間」といった旅行案内が届きました。普段ならば一顧だにしないのに、その時はなんとなく心が動き、かみさんが「こんなのあるよ」と言われたときに、なんとなく行こう!と思ってしまったのでありました。

全く使わずに期限切れしてしまったパスポートを更新し、旅行代金20万弱を支払い、5月を待ったのでした。でも元来小心者。10時間以上の飛行機に耐えられるか?言葉は大丈夫か?いろいろ反問が続く3ヶ月でもあったのです。

そして5月18日。羽田で添乗員から様々な説明を受けた後、搭乗手続きを済ませ手荷物検査。ここで金属探知機で身体中が真っ黄色になってしまいました。係員からボディーチェックを受け、身に付けていたものを外すよう指示されます。スイカ、腕時計、鎖のついた靴へら、金具のついた帽子等々。かみさんには大笑いされ、こっちは出だしから「ウーン」の出来事でありました。


さてさて、なんとか飛行機に搭乗。なんとB-747。これってジャンボですよね。初めてのジェットがジャンボ。ナイスじゃないですか。

シートの前のCRTで映画やこんなものを見ながら11時間近くを過ごします。
01

02

そんな経験はフランクフルトで生きました。乗り換えのフランクフルトで手荷物を全部検査に廻し、身体検査はスルー。意外と簡単じゃん!!係の女性に「サンキュー」と言う余裕も出てきました。
乗り換えて更に1.5時間。ノルウェーのオスロに着いたのは夜の11時過ぎ。そこからバスで1時間近く。ホテルに入ったのは19日になっていました。8時間の時差を含めて約20時間以上の移動でありました。


初体験にしては結構過酷。でも面白かったのも本当で、直前まで違和感を感じていた腰の状態も、どこかにすっ飛んでしまっていました。

さぁて、明日がこの度のメインといっても良いくらい。少しばかり眠っておきましょうか。


これから備忘録として、北欧の旅レポートを綴っていこうと思います。暇だったらお付き合いくださいませ。

ゴールデンウィークの憂鬱

今年の大型連休は結局どこにも行きませんでした。
先月の鍋割山以来、腰の調子が少し悪く、なんとなく遠出が億劫になっていましたし、来週から海外に行く予定があって、それも調子を整えなくっちゃ!!と言う気持ちもありました。

そんなこんなで、自転車達はみんな休眠状態。もちろん朝の1時間程度のポタリングは続けていましたが・・・。
01

連休の終わった今日月曜日、輪行袋の洗濯やら、リムやタイヤのお掃除やら、チェーンの油差しにいそしんだのでありました。

山歩き:鍋割山

今日は丹沢に山歩きをしてきました。

鍋割山。
家から駅までの歩きを合わせて、19キロの歩行距離でありました。
コースはこんな感じ。ごく一般的なコースではありますな。
01

02

今日は全国的に快晴という予報でしたが、ここ丹沢ではどん曇り。時々陽が射す程度でした。
04

鍋割山の名物は鍋焼きうどん。賞味させていただきました。下界で食べれば普通の味かも知れませんが、ここで食べると違うかな?
05

06

神が宿る木と・・・?
08

まさに新緑。
10

歩きは下りも辛いのが難点ですな。でも自然の中にどっぷり浸かるのはやっぱりこっちかな?
要するにどっちも良いってことで・・・。

行きは、犬が電車と接触して遅れ、帰りは、駅に着いた途端に人身事故が発生。結局相鉄線で帰ることになりました。

新車を買う

昨日、あるイベントに行ってきました。
そこで知り合いから、「還暦を過ぎて自転車をやりたい予算は15万くらい、っていう人が居るんです。ショップから最低でも105が付いているのがいい、予算的にアルミがいいのでは?と言われたそうなんですが、どう思います?」と聞かれました。

その方の奥様がいたので、「そういった細かいことよりも、まずご自分がかっこいい!!と思うものを捜すのが良いと思いますよ。当然選んだ車は15万を超えると思いますから、何処を妥協するかだと思います。最低でも105というのは「あり」かと思いますが、はまってくるともっと良いもの、と思い始めますから、余りこだわらずにダウングレードしてもいい気がしますけど・・・。部品は交換できるけど、フレームは交換しにくいでしょ」等々、自分の思いを勝手に言わせていただきました。

参考にならないかなぁ???

来た来た!!!

一気に来ましねぇ。

五部咲き以上かな?
今週末が満開でしょうね。

01

やっぱり桜はきれいなのです。
02