昔々の・・・

今週の土曜日、私が所属していた大学のサイクリングクラブが同窓会を作ることになり、その設立総会があるんです。
一応私も総会だけは出席しようかな、と思って、過去に資料がある書棚を漁っていたら、当時作った文集が出てきました。手書きなので、とても読みにくいですが、これも青春時代の思い出と思えば懐かしくなるってもんです。

161026

サイクリングを復活して既に10年以上が経ちましたが、いまだに自転車に乗っている人はどのくらいいるんでしょうか???同期だったF君やY君をはじめ、皆さん自転車は過去のものになってしまっているようです。

私はといえば、電車やバスを使って普通にする旅行ではなんとなく満足いかなくて、妻と二人で車で旅行する時には、自転車で走るコースを考えて予定を立ててしまうんです。

総会に出たらご同輩を見つけて、一緒に走ることが出来たらいいなぁ、と思っているんです。

走るのを忘れた?!

昨日の月曜日。せっかくの快晴にもかかわらず、何処にも行けませんでした。

いいえ、本当は日光へ行くつもりだったんです。
ところが我が妻が先週からとっても具合が悪く、今週になっても中々回復しない状態が続いており、さすがにこんな時に遊びに行くことも出来ず、残念ですが断念したのでした。

予定していたのは、男体山の裏を廻る志津林道と裏男体林道(野洲原林道?)。志津峠までは舗装ですが、そこからはかなリハードなダートが続くのです。
9年前にも行ったのですが、その時はyajirobe号で、とっても大変な思いをしたので、今回はMTBでトライしようと思ったのでした。

ちょうど紅葉の頃、最高の景色が待っているはずでしたが、いかんともしがたい事態に諦めることにしたのでありました。
今年は本当に走れていません。まだ3000キロを少し出た程度。1000キロ以上少ないのです。来週は天気が良ければ、信州辺りに行きたいなぁ、と思っているのですが、どうなることか?????

白州にて・・・

20年以上関わっている、難病の子ども達のためのサマーキャンプに、仕事を休んで参加してきました。

難病のために重度の障害を負った子ども達の親の会が主催するもので、昨年まではホテル等の施設で行ってきましたが、今年は「あおぞら共和国」という施設で、食事準備等、全て自分たちで行うキャンプを行いました。30人以上の医師や看護師、教員等々、様々な立場のボランティアさんが、参加した3人の子ども達(患児)のために集い、盛り上げ、楽しんできました。

01

20年以上参加しているので正に古狸。勝手知ったキャンプのこと、目一杯楽しんだのでありました。


私はついでに自転車を持ち込み、朝の寒いくらいの空気の中、周辺を走って「お勤め」の代わりをしておりました。
02



直前に相模原で障害者を「生きていてなんの意味もない」と言って、刃物で切りつける事件を起こした容疑者がいましたが、ただそこにいるだけで30人以上の人間を動かせる、そんな障害者の存在を、どうして意味がないといえるのでしょうか。

彼らは私たち以上に生きている意味があるのです。

忙しい毎日

1日に二人目の孫が産まれました。
お姉ちゃんと一緒に実家である我が家に来ましたが、毎日がもう大変!!
01

二人の孫に翻弄されるジジ・ババなのでありました。

そんな訳でもう一ヶ月以上まともに自転車に乗っていません。孫たちが帰るのももう少し先の話。しばらくちびっ子たちと遊ぶことで体力維持に努めますか・・・。

連休なのに・・・

2日に残雪を見に行くつもりだったんです。
ところが1日、孫を送っていく途中に抱っこしていた際に、急にやってきたんです。腰が・・・。たいしたことないと思って、翌日早朝3時に起きたのです。

何か変???
腰が重い。寝床の中で1時間逡巡しましたが、やはり止めた方がいい、という心の声が聞こえました。

鹿嶺高原から高遠長谷林道を巡り、南アルプスの3000メートル級の山々の残雪を見る予定のツーリングは、はかなく消え去ってしまいました。

5日現在、腰はいいのですが、今日は孫の処にお世話しに行かなければ行けません。結局何もないゴールデンウィークになりました。