道志、山サイ

久しぶりに3時半に起きて、始発での輪行をしました。始発というのに八王子までは立ちんぼ。
中央線藤野駅に降り立った時は、まだ6時50分。なんて早い出発なんだ。

昨日までの雨のせいか、駅前の手すりなどには水滴がびっしり。辺りも霧が立ちこめ幻想的な気分にもなるのです。
7時20頃に走り始めてすぐの日蓮橋。霧が少しづつ晴れてきて、紅葉も美しく輝きます。
02


今日の目的地は「厳道峠」。サイクリストにはおなじみ過ぎるところですが、今日は峠から尾根径をムギチロ、平野峠、入道丸、綱子峠と行くのです。いわゆる山サイ。
春の大岳山以来です。

厳道峠までの安寺沢林道は木の葉に覆われ、なんとも「いかす」道になっています。
でもここは急坂なのよねぇ。
03

04

エッチラオッチラ・・・、1時間40分かけて厳道峠に着きました。ここでのお約束は鉄塔の下からの富士見。今日は見れるでしょうか。
やった!!!
見頃の行いが功を奏してこんな綺麗な富士が・・・。手前には大室山がデンと腰を据えています。
風もなく穏やかな草原でしばしボーッとするのでした。
05

ここで熊鈴を付けようとザックの中を捜すのですが、見つかりません。どうやら忘れてきたようです。
一度熊さんにお目に掛かった身にとって、やはり熊とお会いすることだけはカンベンです。
もっと大事なものを忘れたことは、この段階ではまったく気がつかず・・・。

さぁて、それではまいりましょうか。
この標識の道を行くのですが、すぐ先に等高線を直角に切る急登が現れるはずです。

ここから標高差100メートルは本当に辛かった。自転車と一緒では余りの勾配。自転車を担ぐのですが、アウターのダボが肩に当たり非常に痛いのです。数十秒頑張るのですが、こらえきれずに自転車を置くことを何度繰り返したことでしょう。
06

ふぅ、やっと尾根に出ました。
07

そしてムギチロ903メートル。。今日の最高地点ですね。
08

そして同じ場所にこんな道標も・・・。
09

空は何処までも青く、晩秋の気持ちよさが身に沁みます。
10

尾根伝いの径。
11

落ち葉の絨毯がずっと続きます。
12

そして多分平野峠。
何しろ標識が少ない。過去のブログを見ると、ピーク毎に山の名称があったはずなのですが、私には見つけることが出来ませんでした。ここも綱子峠の文字が・・・。でも地図の上からもGPSの表示からもここは平野峠ではないでしょうか。そしてここから綱子峠への径も分かりづらい。一度安寺沢方面に行くと、その径が現れるのです。
13

最初から綱子峠でお昼にしようと思っていたのでした。まだ11時前ですが・・・。
処がザックの中を捜してもガスがない!!!
火器を忘れてきてしまったのに気がつきました。ウーン、最悪の事態です。お湯がないなんて・・・。


送電線の鉄塔の下をくぐります。見晴らしが急に開けました。
14


綱子峠は日当たりの悪い場所でした。さっさとおにぎりを食べて周囲を見渡すと、その視界の効かない場所のすぐ近くからなにやら歌声のような、話し声のような音が聞こえてくるのでした。怪訝に思っていながらも綱子に向かって下り始めます。すると音はだんだん大きくなって・・・。

そして発見!!!
この人たちが出していたんですね。
15

アップします。
総、鉄塔の上で作業している作業員の方が発していた声だったんです。何とも楽しそうな声を出して、何とも危険な作業をしている。ちょっといい感じです。
01

林道に出て、再び上り。道志方面に向かうと天神峠に出ます。この辺りそこかしこに天神峠があるんです。
16

そしてここから東海自然歩道に入って菅井を目指します。
この道がまた良かった。上りは径が谷に向かって傾斜していることもあって、少しばかり怖い思いもするのですが、下りは一転道幅も広く、ぶっ飛ばすには最高の径でありました。
17

山径が終わったところにいたネコ。
こっちのことを気づかずに道に身体をこすり続けていました。
18

藤野に出て輪行しようと思っていたのですが、まだ1時台じゃありませんか。この際だから家まで走ってしまおう。
これが後になって散々な目に合うことになるとは・・・。

伏馬田から国道414に出ると、あとは地図なくても走れます。処が急に疲労が出てきて、ちょっとした上りでも、足が言うことを聞かなくなってきました。
最後の20キロは本当にきつかった。這々の体で家にたどり着き、ビールも飲まずに9時には床に入っていました。

ちなみにコースです。

COMMENTS

No title

ミンコさん、こんばんは。

CD、確かに届きましたよ。ありがとうございました。

学生時代にやっていた自転車を復活させて10年近く経ちますが、この頃は自転車を使って麓まで行って、そこから歩いて山を目指す。
そんなコースをいつも考えています。

ミンコも旦那と一緒に走ってみれば如何・・・?ダイエット間違い無しです、ウン!!

No title

富士山きれいですね〜
癒されます。
それにしても凄いバイタリティー!とても同い年とは思えません。
私ももっと張りのある生活をしないといけないなぁ……^_^

先日の同期会の写真(CD)、出来上がりましたので発送しましたよ。
今日辺り届くかもしれません。
お楽しみに〜

No title

jamさん、こんにちは。

>厳道峠は一度だけ
そうですか。道志側はきついですからね。
厳道峠だけなら自走できる距離なのですが、今回はプラスアルファがありましたから輪行しました。峠ではやはり富士が見えるかどうかがポイントのような気がします。今回は日頃の行いのせい(笑)で、綺麗な富士を拝むことが出来ました。

No title

おはようございます。
厳道峠は一度だけ行った事があります、反対側から上って秋山側に下りましたが上りはほぼ押し歩き、下りはブレーキ握りっぱなしでハードな印象しかありません。
天神峠は5月に行った時はヤマビルシーズンだったので冬場に一度行っておきたいと気になっていましたので今回のレポは非常に参考になりました!

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)