歯医者

もう25年近くになるのではないでしょうか。歯科医のY先生の処に通い出してから・・・。
歯の付け根が痛くなって、駆け込んだ訳ですが、診断の結果は「歯槽膿漏」。

歯磨きの仕方と歯間ブラシを用いて歯の間を清掃することを指示されて以来、歯磨きはもちろんのこと、歯間ブラシの掃除も一日も欠かさずに行ってきました。
最近は年に二回の通院が恒例となり、今年は今日行ってきました。

半年経つと歯石が付いたり、歯垢がたまったり、様々なことが起きていて、衛生士さんに指摘されながら、それらのチェックと清掃を行ってもらうのです。
最近はTCHというのが歯科の世界で一つのブームになっているようです。TCHはTooth Contacting Habitの略で、要するに噛み合わせの問題です。
知らず知らずのうち強く噛みしめてしまい、あごが疲労したり、顎関節に大きな力が入っていろいろな症状を呈するらしいのです。
対処法は、ただ歯を噛みしめているな、と感じた時に意識してそれを止め、顎をリラックスすればいいのだそうです。
私は積極的にいろんな体操をする時に、下あごがブランブランと揺すぶられるイメージをしながら行っています。
今日は、「随分良くなっていますねぇ」と言われましたが、本人はそれほど努力している訳ではなく、ただそんなイメージをしながら動いているだけなんですけどね。

やはり定期的に通っていると、自分が分からない自分自身の状況を改善することが出来そうです。
私たちの処にいらっしゃる方も、どこかに違和感があるから、と言う理由の方が多いですが、やはり定期的に来ていただくほうが、身体がいつも整った状態に近づく気がいたします。天気が毎日変わるように、身体は常に動いて変わっています。昨日と今日では全く違うのです。

定期的に通うとどうなるの?と以前聞かれたことがあります。
「ウーン、毎日生活していると、部屋は汚れて時々掃除しますよね。もし掃除しなかったらどうなるか想像できるでしょ?定期的にいらっしゃるということはその掃除と同じことだと思いますよ」

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)