便利さって?

数日前の日本テレビ「1億人の大質問!?笑ってこらえて!」を見ましたか?

その中で、「女性版、カメラに向かってごめんなさい」というコーナーでとっても意味深な意見を言う女の子がいました。

「便利って、言ってみれば無くてもいいってことですよね。テレビだって、暖房便座だって、携帯だって・・・、便利なものってどうしてもなくてはならないものじゃないですよ」

そう!
世の中、どんどん便利にしようっていろんなことをやっているけど、それってどうしてもなくてはならないものではない事(物)が多いようです。無ければ無いなりに工夫をして何とかやりくりをしていく、昔の日本はそうしながら、どうしたらもっと便利になるだろうか?と必死に考えてきたのでしょう。その結果、こんなに便利になってきてしまいました。

でもそれが却って私たちの首を絞める結果になってはいないか?
電気が足りないから原発を稼働しなければいけないと言っているけど、電気の使用量は昔に比べて何倍にもなっている事は誰だって知っています。でももう昔には戻れない。経済の発展もない。

そういった理屈で世の中は進んできていますが、こういうことって際限がないのです。便利さは限りなく追求され、無くてもいい物がだんだん増えていく。そして気がついたときには後戻りできない所まで来ている。今はそういうぎりぎりの処に来ているのではないかと思ってしまいます。


今日の朝日新聞にエネルギー経済研究所顧問という人の意見が掲載されていました。
曰く「私は、電力の安定供給や温暖化対策を考えると、日本では今後も一定規模の原子力発電は必要だと思います。・・・」
「何を馬鹿な事を言ってるんだ!」と本気で思いました。この人は現在の生活が、そのまま将来も続く事が前提で物事を考えています。でも今の日本人の生活って世界中を見渡してみてもほんの少しの人たちが教授している生活である事が分かっているのでしょうか。


今はやりのiPS細胞やSTAP細胞の研究の結果、今まで治らなかった病気が治るようになる事は、すばらしい事です。でもその結果として人間がなかなか死ななくなってくる事は明らかです。そしてさらにその結果として、高齢化はますます進行し、子供は生まれなくなってくるのではないか。
私はそんな事を思ってしまうんです。


便利さもほどほどにしておく事が、私たちがこれからも生きながらえていく為にとても大事な気がしているんです。


ちなみに当治療室の便座と我が家の便座は、3.11以降(冬でも)ずっと便座カバーを付けて電気のスイッチを切ったきりです。温水シャワーは最初から付けませんでした。それでなんの問題も起こっていません。


あの3月11日から丸3年。私たちはあの教訓から何を学んだのでしょうか。

小林一茶をもじって・・・「便利さも中くらいなりおらが春」

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)