9月の勉強会

 後半は「場」の話。私たちはいろいろな所で生活していますよね。家庭・学校・職場、等々・・・。今私たちがいるこの場所もそうですけど、こういう空間の事を「場」と言います。こういう「場」が自分の体に影響を及ぼしたり、自分が「場」に影響を与えたりしているんです。


 例えば、皆さんが
PTAかなんかの集まりに出るとします。保護者会でもいいです。そういう処に出ると必ず一人くらい「いやだなぁ」と思う人っていますよね(みんな頷く)。もちろん会いたいなぁって人もいると思いますけどね。実は皆さんが「いやだなぁ」って思った事は、その場にいるみんなに伝わるんですよ。もちろん意識の上ではそんな事は分からない。だから伝わったかどうかも誰にも分からない。でも伝わって体に緊張が生まれる事は明らかなんです。それを今から実験しましょう。


 I
さん出てきて下さい。此処に背中を向けて立ってみて。体を前屈してみて下さい。2・3回やってみて。そうすると大体今のIさんの柔軟性が出てきます。まぁ、こんな感じですね。そこでIさんの柔軟性をよくします。・・・また前屈してみて下さい。(さっきよりもよく曲がっている)この結果でIさんの柔軟性が増したと思えますよね。さらに言えば、筋肉の緊張が和らいだ、という事になると思います。何回やってみても曲がりかたはそんなに変化しません。
 ここで
Iさんに自分の嫌いな人とか合わない人、そういう人を頭に思い描いてもらいます。Iさん一人くらいはそういう人、いるでしょう?(「たくさんいます」との返事)思い描きました?それじゃあ、もう一度前屈してみて下さい。どうです?全く曲がらなくなってしまったでしょう?つまり柔軟性が減ってしまったわけですね。体に緊張が生まれたわけです。


 前年度の勉強会で、このときに同じ「場」にいる人たちも同じように前屈の角度が極端に減ってしまった事を憶えていますよね。つまり
Iさんだけでなく、その「場」にいる人たちまでもが緊張してしまうんです。もちろん最初に柔軟性が増したときは、此処にいるみんなの柔軟性が増しています。


 簡単な実験でしたが、これで分かる事は自分が(いやだなぁとか嫌いだなぁとか・・・)負の思いをしたときには、それがすぐに自分自身の緊張度を増加させ、さらに周りにいる人たちの緊張度までも増やしてしまうという事実です。緊張が増加すると、体の状態はやはりマイナス方向に向かいます。硬くなるんだからいい事はないですよね。そういうことが重なる事がいわゆる病気となるきっかけを作っている事って、思った以上に多いものなんです。だから笑っていられる「場」とか、自分の好きな人ばかりのいる「場」にいることは大切な事なんです。でも現実はそうでない事の方が多いですよね。


 じゃあ、どうするか。そういう自分にとって「いやだなぁ」と思っている人と付き合うにはどうしたらよいか。それが重要です。簡単に言えば、その人を殺してしまえばいいんです。でも実際にそんな事をしたら大変です。

 さっきIさんのからだが硬くなったときに思い出した、いやな人。もういっぺん頭に描き出して下さい。いいですか。目の前にその人が浮かんでいますね?そうしたらその人を切り刻んでもいい、燃やしてしまってもいい、なにしろはっきりした形でそのいやな人を抹殺してしまうんです。
 私がよくやるのは、切り刻んでガソリンをかけて火をつける、っていうのをやりますね。
Iさん、やってみて。(「そんな事出来ません」とおっしゃるのだが)出来ないじゃなくてやるんです。やりました?それでまた前屈してみて下さい。どう?また柔軟性が出てきたでしょ?こういう事をすると直後に再び柔軟性が出てきます。つまり緊張がとれたんです。もちろん周囲の人の緊張もとれています。

 そうすると最初は分からないかもしれないけど、少しづつそのいやな人がいやでなくなるようになってきます。「あれ?以前はもっといやな人だったのに、この頃やけにいい人になったみたい」なんて思ってくる事もあるんです。それはその人が変わった事もあるかもしれないけれど、自分自身が変わった事が一番大きな原因なんですね。どうです。使えるでしょ?

 皆さんにこういうことをやってください、と教えても、空想の上でも人を殺すって言う事自体に罪悪感を持つ人が結構います。だから本気で切り刻む事が出来ない。でもその考えは間違いです。なぜならそれが出来ないで、自分だけでなく、周りの緊張を増幅させている事の方がずっと罪な事だと思うからです。だってさっきも言ったように病気の元になるかもしれないんですから。

 相手を切り刻む、といってもそれは相手に対するのではなくて、自分自身の中にあるその人に対する思いを具象化して切り刻む事なんです。だから切り刻む本当の対象は、自分自身の中のその人に対する思いなのです。だから罪悪感を持つ事自体がおかしい、と私は思います。だってそうする事の方がみんなが緩むんですから。緩む事って体にとってはとてもよい事なんです。いつでも・・・。

 体の緊張が緩むような行為は、体にとっていつも正しい事だと肝に銘じて下さい。それは人が作った倫理観やモラルと言ったもの以上に優先されるべきものなんです。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)