薄情な人

「今日は大丈夫ですけど、この間来た時には、本当に痛かったんですよ。必死になって身体を起こして椅子に座るまで、大変だったんですから。でも先生はそれを笑ってみていましたよね。私、なんて薄情な人なんだ!って思いましたよ」
「笑ったつもりはないんだけどなぁ・・・」
「いいえ笑っていました!!!私はこんなに一生懸命立とうとしているのに・・・」

私はいつもどんなに痛くて辛い時があっても、立ったり座ったりする時に手を貸すことはしないことにしています。それはそういう動作をする時の自分自身の工夫を見つけてもらいたいからなんです。ですから、こうやったら?なんてアドバイスはよくしています。

このような文句を言われたことは初めてでしたが、考えてみれば必死に立とうとしていた割には、ちゃんと私の顔色をうかがっている訳で、どこまで必死だったかも少し割り引いて考えてはいるんですけど・・・。きっと手助けして欲しかったのでしょうね。
未だに根に持っているみたいでした。


それから私が笑っていたと・・・。いつも笑っている、とよく言われます。
もしかしたら笑っていたのかもしれないけど、笑うつもりでそういう顔をしていたのではありませんよ。そういう顔なんです、きっと。
 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)