昨日と今日とは・・・

「昨日の身体と今日の身体は違うんですよ」
日曜日いらした方と話しました。
「そうですね。細胞が替わるからでしょ?」
おぉー、かしこい!!!

そう、身体を形作っている細胞は常に死に、そして常に生まれます。だから厳密に言えば、昨日と今日の身体は違うのです。ただ情報はきちんと引き継がれますから、同じように感じるのですね。

細胞が産まれるとき、それはいつもきちんとしたものだけではありません。身体にマイナスに変異した細胞も時には産まれてしまいます。 身体にマイナスの細胞は処理されてしまいます。ところがたまにはそれが処理されないで、身体に中に存在することがあります。

癌もそうしたものの一種なのかもしれません。なぜ身体にマイナスのものが存在し続けられるのか?それは身体を守る働きが低下していることに他なりません。


私たちが行っている手技は、そうした身体を守る働きを活発にしているのではないか。
最近私はそう考えています。だから身体の具合が悪くないときでも、いいえ、そうでないときであるからこそ、 身体を整えておく必要があるのだと思います。

今回は自画自賛でありました。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)