最初に戻った?

先週、「咳や痰が去年の11月からずっと続いている」と訴える方がいらっしゃいました。お医者さんで,気管支炎との診断を受け、ずっとお薬を服用していたのですが、中々良くならなかったそうです。熱も出ず、何かすっきりしない日々を過ごしていたようでした。

いつものように身体を診て、ここは?と思うところに働きかけて、「ハイ、結構です」。いつもの手順です。

夕方、件の方から電話。
「あれから今までの咳も痰もすっかりなくなってしまって、何ヶ月ぶりかで気持ちよく息ができる」と。


しかし、今日再び電話。
「あの日の翌日の朝から熱が出て,昼頃には38度を超えました。インフルエンザだといけないので、コンタックを飲みました。すると夜には37度台に下がったんですが、翌朝には、また咳と痰が出るようになってしまって、それが今日も続いている。伺った方が良いでしょうか」
「薬を飲んだんですかぁ?それじゃぁ、暗くなる前に来てください」

3時にいらっしゃいました。
「最初に身体が良くなったのは、身体が変わったから。その後熱が出たのは、今まで外に出るべきだったものが潜んでいて、それが表に出てきたから。咳や痰が続いているのは、薬を服用して無理に症状を抑えようとしたから。それに身体を冷やしたから」
といいながら再び身体に働きかけます。結構痛いところがありましたねぇ。

「いつも風邪を引くと、十分な栄養と十分な睡眠を心掛けています」
「でも食べられますか?」
「ええ、でも口がまずくって」
「そういうときは無理に食べることはないんですよ。風邪の時に沢山栄養をとると治りが悪くなりますよ。動物って,怪我なんかをすると、食べなくなるものなんですよ」
「フーン」
なんて話をしながらセッセと身体を診ていきます。

さて、明日はどうなっているでしょうか。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)