まず最初にやることは

Oさんが初めていらしたのは6月頃でした。
訴えは「腰が痛い,それに膝も」というもの。
そのOさん、少しばかりお太りになっており、自分でも分かっちゃいるけど食べてしまうんです、と笑っている。

かなり痛そうでしたが、何回かいらしていただくと、結構経過がよく腰も膝も痛みはあるものの、日常生活にはそれほど支障がなくなり喜んでおりました。

ところが通院している整形のお医者さんからは手術かブロック注射を勧められているらしく、どうしようか迷っておりました。最近の腰痛等の治療には一般に観血的(つまり手術)な治療は奥の手で、まず様子を見ることが多いと思っておりました。

悩んでいるOさんに言いました。
「今はそれほど痛みがないんだから、まず様子を見て、そして少しやせることを本気で考えることが、まずやらなくてはいけないことではないですか。 自分で努力することがなくて、ただ楽になることなんて出来ないんですよ。手術することとやせる努力をすること、Oさんはどちらがいいですか」


治療というのは、患者と治療者がお互いに努力しあって進めていくものだと思います。患者の努力無しで治療がうまくいくことは絶対にないと思います。

今、Oさんは来ていません。どうしたのかなぁ、と気になっている方なんです。 

ずいぶん間が空いてしまいました。もう少し頻繁に更新したいなぁ、とは思っています。ワハハ!!! 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)