保田見

保田見。読めます?

これ読める人って知ってる人以外はいないんじゃないかなぁ。

地名です。「ぼてみ」って読みます。2万5千分の一の地形図でもルビがふってあります。
(注:以前のブログには「ぼたみ」となっており、あるかたからご指摘をいただきました。「ぼてみ」と書いたつもりでいました。大変失礼しました) 

房総の鋸南町にある集落、いやぁ、良かったなぁ。ここで暮らす人たちにとっては、非常に大変な生活だと思うんで、よそ者がこんな言い方をするのは本当に申し訳ないのですが、自転車乗りにとっては何度も行きたい所ではありました。

それにしても、房総半島の道の変りようと言ったら・・・。更に昔ながらの道でもあまりに細かいので、最新の地図でさえ、分かりづらいことこの上無し!

ということで、一時はどこを走っているかも分からなくなるほど。
予定していた大山千枚田や嶺岡林道に行くことが出来ませんでした。


道の駅「きょなん」からの富士。
01


R127を北上。保田駅の先、元名のバス停を右折、緩いのぼりをゆっくりと上っていくとほどなく鋸山ダム湖。
予想外にきれいじゃないですか!!
02


金谷元名林道。一番海に近い林道とか・・・。
03


しこしこ上っていくと、ゴロタ道が出現。本当にひどい道。でもでもですよ!!写真の上の切り通しの先で道が亡くなっていた。昔の採石場だったようだ。
04


30分以上のロスで、本来の道に戻るが、こっちも結構な道ではありますな。時々、海が見えたりするが、写真に撮るほどでもないなぁ・・・。

05


鋸山への登山道が分岐している小広い峠??なんかでっかい記念碑が・・・。ね。知事の沼田君だね。
緩いアップダウンがあるダートが続く。尾根に出て、非常に楽しい道を走っていて、分岐を間違えた。
よく調べていなかったので、この林道を行けばいいと思い込んでいたが、後で調べてみると、別の竹岡林道に入らなければならなかった。
あの通行止めの道がそうだったんだ?!
06


竹岡ICのそばに出るはずが、金谷付近の海岸に出てしまった。
R127をひたすら北上し、竹岡ICまで海岸線の車の多い道をひたすら走る。海岸はきれいだったが・・・。

今度は山の中を南下する。
保田見林道。2万5千の地図でも単線のこの道、なかなか良さげではないの。
写真の右から真ん中の道を行く。急に道は細くなっていき、路面もかなり荒れてくる。
07

こんな所にも田んぼがあるんだ。
08

真っ暗な素堀の隧道。三つ続くが、これが最も長いものだった。いい感じ。
09

距離は短いが、勾配は結構あるので、押したり乗ったりしながら淡々と進む。
誰にも会わない。
10


保田見集落に入る手前にこんな大木が道の両側にあって、大規模な門構えだ。
魔界に入る入り口かも?
11

保田見集落遠望。集落に近づくと、崖の上で犬がこっちを見て吠えていた。
12

魔界出口??
13


この辺り、水仙が道ばたに咲き乱れている。これ以降、道の両側はもとより、置この斜面、至る所に水仙が群生している。
14

保田見林道を抜け、大崩(おくずれ)水仙郷にいくつもりだったが、細かい道が至る所にあって、どこを走っているか全く分からなくなってきてしまった。
一時間以上、さまよいを続けたが、いつかはどこかに出るさ、ということでのんびりと、こんな棚田が至る所にあるいかにも日本的な景色に見とれながら、ペダルを踏んでいた。
15

16

江月水仙ロードの水仙。
一月に入ると満開だろうなぁ。
17

道の駅に戻ったのが15:30。距離は60キロ。房総って、規模は大きくないけれど、もちろん距離も短いけれど、勾配も急だし、予想外に山深い景色は、おおきに走る意欲をそそられる。



COMMENTS

失礼しました

何も無い所ですが…またいらしてください。梨沢は最近携帯が通じるようになりました。今のところFOMAのみですが…。文明から取り残された過疎地も段々便利になって行くんでしょうね~(苦笑)

No title

ほんとに「ぼたみ」となってますねぇ。
「ぼてみ」と書いたつもりだったんですが・・・。

名前と同じで間違っていると非常に気になりますね。大変ご迷惑をおかけしました。
更にご指摘いただきありがとうございました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)