1Q84

村上春樹の「1Q84」を読みました。エッセイは読んだ事があるんですが、本格的な小説は初めて、です。

内容は書けませんが、昔読んだ半村良のSFに似ている感じでしたねぇ。もちろん文体は全然違いますが・・・。

一気に読んでしまいましたが、いろんな読み方が出来るようですねぇ。人によって全く違った感想があるように感じました。
よく、作者にどういった意図で書いたんですか?なんて聞く記者がいますが、多分作者本人も何かを書こうと考えて書いた作品じゃないんじゃないかなぁ?何かによって書かされている、って感じじゃないかなぁ、と思ったりして。

同時に茅田砂胡の「デルフィニア戦記」も読んでます。こっちは娘が集めているシリーズ物で、込み入った筋もなく気軽に読めるので、暇があると同じものを何度も読み返しています。
こっちも結構面白いんですねぇ。

本も高いので、最近はなかなか買う気が起こりません。「1Q84」も借り物だし・・・。図書館に行って、全集でも借りてきましょうかねぇ。ただ月曜休みだしなぁ。

そんな訳で、読書の秋です。大いに本を読もうではありませんか、御同輩!!「ホッホー。」

 

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)