パック旅行

一日目(東京ー仙台=盛岡=十和田湖=奥入瀬渓谷=湯瀬温泉)
二日目(湯瀬温泉=九戸=久慈ー普代=北山崎=浄土ヶ浜=盛岡=仙台ー東京)
仙台まで新幹線、その後すべてバス移動
一日目バス400キロ、二日目バス500キロ


いやぁ、元気な方々でした。平日に休める人なんてやっぱり中高年の人しかいませんよねぇ。その方々、なんて元気なんでしょうか。

こういった旅行に参加するのは初めてだったので、どんなことになるか分からなかったんですが、少しばかり見直しました。

高齢者問題がクローズアップされていますが、こんなに元気な方々もたくさんいるんですねぇ。500キロに及ぶバス移動も難なくこなし、適当にみんなと友達になって、和気藹々の車内。若さは年齢ではありませんね。何かに意欲がある人ってやっぱり若いです!


一人とっても姿のいい紳士風の参加者がおられました。隣には少し腰の曲がった普通のおばあさん。私達夫婦はお母さんを連れてきた息子さん、という感じで見ていました。

ところが夕食時、誰かが「ぇぇ?私より十五以上も上ですよ!!お若いですねぇ!」という話声。なんと!!その方六十代前半位と思っていたら、なんと大正十四年生まれ八十五歳。

さらにその普通のおばあさんと思っていた奥さん。話すと江戸っ子のべらんめぇ、そのお若く見えるだんなさん以上にタンカが切れるではありませんか。そして北山崎で、数人しか行かなかった長い階段をそのおばあさんは一人で歩いている。



朝食の時に何種類もの薬をテーブルに並べ、病気自慢をしている人も、なんかそれ自体が楽しそう。悲惨さがないのも驚きでした。



どんな病気があろうと、どんなに年取っていても、健康に過ごすことはできるんです。


それにしても一泊二日の旅行にしては厳しいでしたねぇ。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)