お国意識

 飯島愛さんが、おなくなりになったとの報道。別に「フーン」といった感じだったんですが、今日彼女が江東区出身だったことを知りました。地元じゃん!!

 急に身近になりました。こういうのが「お国意識」なんでしょう。

 江東区って、西側半分がいわゆる深川、東側が城東となっています。深川は江戸時代から栄えた場所ですが、東側の城東地区って、農村の雰囲気だったのでしょう。彼女がどちらかまでは分かりませんが、私は城東の出身。

 城東も亀戸、大島(おおじまと濁ります)、砂町と分かれ、その砂町が生まれ故郷なんです。以前のブログにも書きましたが、私が卒業した中学の校歌の出だしが「クレーンの林の中、ごうごうと工場(こうば)がなる」といったものでした。

 当時は当たり前と思っていたこの校歌が、実はかなり特殊なフレーズであることを大学での合宿で、みんなで校歌を歌おうとなったときに、みんななから「なんて校歌なんだ!」といわれたんです。

 でもでも、デモですよ!このなはしを同級生に話したら、「まさにそれが当時の景色じゃないか!」と。そうなんです。

 近所の横十間川に面した鉄工所のクレーンがゴウゴウ動き、それが鉄板をダルマ船に積み込む光景が焼きついています。
 また小学校の横には汽車会社があって、新幹線の車両を作っていました。

 懐かしくて、涙が出そうになりました。

 最後に、こんな気持ちにさせてもらった飯島愛さんのご冥福をお祈りいたします。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)