??????

松本駅(?)。自転車で走り始める。駅前の露店が目に入る。

商店街で、夏祭り(?)なのか、踊りの列が・・・。でも子どもが二人横に並び、その後に一人の大人。たったコレだけの人が踊りながら歩いている。

私はすぐ横を走り抜ける。近くの商店に上がりこみ、「ずいぶん寂しい行列ですねぇ。この辺りでも盛んではないんですか?」と聞く。大きなコタツにはおばあさんとお嫁さん。

ご主人がやってきて、「外は雨だからゆっくりして行け」と。急に雨音が、ザーザー降っている。

知り合いの家に遊びに行くと、庭のほうからそのお宅のおばあさんの声が聞こえる。近所の人と話しているみたい。姿は見えない。遠慮して帰ろうとすると、そのお宅の人たちがどこかから帰ってきた。
私のことを気づかないので、「こんにちは」と声をかける。
「おお、ビールでも飲んでいってよ」と言われるが、そのまま返事もしないで立ち去るが、娘さんが後ろから私の隣に来て一緒に歩く。私はその手をぎゅっと握り駅を目指すが、段々暗いところに行ってしまい、不安になって引き返す。

娘さんが駅へ向かう非常に急なジャングルジムみたいな階段を見つけ、上がっていく。追いかけるようにして上がっていく。階段の上部にはうんていのようなバーが無数に出ていて、それに掴まりながら上がっていく。

上がりきる直前に年配の男性が下りてきたが、道を譲らなかった。

駅は橋上になっており、交通整理する人が一台一台、一人一人を誘導している。自転車のあるところを聞くが答えはない。

下に下りる階段を下りていくと、さっきの駅前に出たが、露天などのその辺りの景色が変わっていた。確かにこの辺りに、と思いながら歩いていくと商店街が見えた。


今朝起きる直前に見た私の夢です。
昔から夢は無意識の窓と言われていますが、この夢もけっこういろいろな意味がある気がします。誰か精神分析の専門家が見てくれないかなぁ。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)