信州(2)

 昨夜未明まで、外は荒れ狂っているようでした。標高2000mのここ山本小屋の朝です。4時過ぎに起き出して外に出るとちょっと遅かったですね。でも一応、ご来光です!!!ご来光













荒れた天気は未明には治まったのでしょう。今日はすばらしい朝です。出たばかりの太陽の光を背に受けながら、遊歩道を散策です。とっても寒い!!小屋の入口の寒暖計は、なんと氷点下を示しています。氷点下













北アルプスの峰峰に光が当たり始めました。なんて綺麗なんでしょうか。写真が下手なんでこの感動が伝わらないのが、もどかしいです。それにデジカメの容量が一杯で、携帯で写したんでややピンボケなのが本当に残念です。北アルプス遠景













遊歩道の水溜りは完全に凍っています。氷













山本小屋のシルエットです。山本小屋













朝食後、家族で美しの塔まで歩き、記念写真。顔は絶対だめということでこうなりました。美しの塔


















 さて一息入れて、ビーナスラインを下ります。ここから車山高原、霧ヶ峰、白樺湖を経由して白樺高原、すずらん峠、蓼科高原に至るビーナスライン全線を走破です。美ヶ原(下りpro)









最初からものすごい急坂。ブレーキが悲鳴を上げます。ちなみに他の家族は車で私を追い抜き、所々にある見所で見学です。ちょうど私が着くころに見学を終えるといった感じで、それほど待たせることもなかったようです。まぁ、こっちは休憩が少なかったんですけど。
ビーナスライン(1)













 結構なアップダウンがあって、頻繁にギヤチェンジが必要で、昨日より楽なはずが非常に疲れます。途中の扉峠、和田峠は下って峠という按配。30年前はビーナスラインが扉峠までだったので、山本小屋から地道を和田部落まで下り、そこから再度扉峠まで地道を上ったものでした。

 車山へののぼりです。さえぎる物のない景色はやっぱり信州といった感じ。足の方も大分慣れてきました。ビーナスライン(2)



















 車山まで上りきると、後は白樺湖まで一気に下りです。途中、湖が綺麗に見えました。サドル君と一緒にパチリ。湖岸からの景色は大したことがありませんでしたが、こうやって上から見下ろすと、やっぱり綺麗ですねぇ。蓼科山にベストマッチです。ビーナスライン(4)













 白樺湖でお昼。信州といったら「そば」、やっぱりおいしいです!!!
 昼食後、蓼科牧場を廻り、すずらん峠を越えて、蓼科湖まで一気に走りきりました。ビーナスライン(6)



















すずらん峠からの下りは、道が荒れ気味で、ハンドルに振動がビンビン伝わってきます。ここで友人たちとデッドヒートのバトルをやったころを思い出すと、縮み上がる思いですね。今じゃぁ、怖くてとても出来ません。

 みんなは蓼科湖畔のマリー・ローランサン美術館を見学中。「美ヶ原高原美術館よりずっとよかった」とか。
 ここで自転車を車に積み込み、今回の私のサイクリングは終わりになりました。あとは近くの日帰り入浴施設で、疲れを取り一路横浜を目指しました。行いが良かったせいか、大きな渋滞にも巻き込まれず、二日間丸々使った充実の旅となりました。

COMMENTS

No title

tymr_slkさん、こんにちは。

いやぁ、やっぱ信州はいいですねぇ。家族旅行も兼ねたものだったので、いろいろ工夫したサイクリングでした。

本当は、蝶が原林道と大河原峠を行きたかったんですが・・・。また別の機会ですね。

No title

素晴らしい風景ですね~。
特に朝は心が洗われる感じです。

トーエイスポルティーフ、今回の旅に最適仕様ですね♪。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)