信州(1)

 5月の連休に久方ぶりの家族旅行を計画しました。でも自転車に興味が移ってしまうと、普通の旅行への興味は全くなくなってしまっています。そこで、今回は私が自転車で走る、同時に他の家族が車でほぼ同じコースを走る、宿と食事は一諸に・・・、こんな条件の旅行を計画です。
 なかなか行けない所、自転車と車の両方が飽きないところ、ということで美ヶ原をメインに霧ヶ峰のビーナスラインをともに走ろうということになりました。まぁ、計画は全部私がしたんですが。いつもなら、ダートや林道を計画するんですが、今回は家内のつたない腕でも走れる道を選びました。以下地図を見ながら読んでくれると判りやすいです・・・。美ヶ原(上りpro)











 5月5日、3時前に出発。4時前に高速に乗れば安くなるはずだったんですが、残念ながら4時5分。諏訪から白樺湖に着いたのは、7時半ころでしょうか。「なんてことないね」の声に「ほんとね」。おにぎりで朝ごはん。ここで自転車に乗り換え、大門街道を一路、武石(たけし)を目指します。1400mから600mまで一気に下ります。大門街道















下った後、武石の余里地区の花桃を見学です。
http://www.takeshikanko.com/pdf/flower-viewing-map.pdf
「世界中で一番綺麗な2週間」だそうですが、実際とっても綺麗です。桜のような派手さはありませんが、農道の端に花桃が続いています。朝も早かったので、誰もいません、地元の方が農作業をしたりしているだけです。ここはお勧めですよ。
花桃(1)















花桃(2)















花桃(3)















花桃(4)














花桃(5)














花桃(6)














こんなところです。桃源郷ですね。花桃(6)














私たち家族です。後姿だけよ!!これは次女が撮りました。花桃(7)














ここが始まりです。花桃(8)














 9時前に改めて自転車にまたがり、美ヶ原を目指します。まずは標高差600mのほぼ真っ直ぐなのぼり。これはこたえました。ただ鯉のぼりや家々を眺めながら進んでいくと、疲れも少しは和らぎます。武石(1)














武石(2)













塩山から裂石までののぼりを思い出しますねぇ。車はほとんど通りませんでした。

この標識を過ぎ、左折すると本格的な九十九折れが始まります。センター















「第63カーブ」たぶん頂上まで63のカーブがあるんでしょう。それを励みに上っていきます。こんな景色も・・・。ただひたすら上ります。上り(1)





















土筆をいくつか踏みつけてしまいました。上り(3)















かなり上ってきたはずなのにいまだに上り始めた家々が見えます。直登しているんですね。上り(4)















24番目のカーブで雪が現れました。でも路面はすっかり乾いていて、その影響はないようです、もちろん今は・・・ですが。上り(5)















空も曇ってはいますが、雨が降るほどの暗さはありません。かえって暑すぎず気持ちよく上れました。上り(6)















本格的な上りになってからずっとインナー26Tです。速さは8~10キロを示しています。白樺平まで来ました。ここらで1700m位。あたり一面シラカバ林。葉がついていないので少しばかり異様な風景です。上のほうに美ヶ原への道が重なっています。ふぅ。上り(7)















上り(8)















見渡すとこんな感じでしたが、急速に天候が悪くなって・・・。こんなになってきました。上り(9)















「うえはまっ白にガスって何にも見えませんよ」下りてきたバイクの人が言います。そのうちポツポツと来ました。それからはあっという間でした。上り(11)















上り(12)














やっとこさ63のカーブをクリアしました。もう美ヶ原は目の前のはずです(何も見えませんが・・・)。上り(10)












ひたすらペダルを踏み頂上の美術館に着いたのは、分岐から1時間40分後でした。13キロ、標高差900m。花桃を見学した場所からは18キロ、約1500mののぼりです。自分としてはいいペース、なんか波に乗った感じの上りでした。新しい自転車だと疲れ方が少ない気がしますが、どうなんでしょうね。美術館














 美術館のレストランで休んでいると、たちまち風雨が強まり、さすが2000mは違うわい!!と納得しました。夜半は猛烈な風雨で外に出ることも出来ず、もちろん部屋はストーブをガンガンたき、ようやっとほっとしました。(つづく)

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)