予報は当たった!!

昨日までの春爛漫の天気と打って変わって、今日は朝からどんよりです。それでも時々陽がさすこともあって、今日も予報がはずれかも・・・。なんて甘い期待を持って出かけました。所は五日市。車で当地まで行ってデポ。それから走り出すのですが、町田を過ぎた辺りから段々雲が厚くなってきたような気がします。実は、今日は雨が降ることも少し期待してもいました。5月の連休に信州に行くつもりなんですが、もちろん雨も考えられる、ということで雨対策の予行演習もしてみようと思っていました。
結果的には今の雨具では満足のいく対策にはなっていないことが露呈されました。

さらに1月に痛めた膝の具合も気になるところ。踏み込んで痛みが出るかどうかの確認もするつもりです。雨具よりもこっちの方が重大なんですねホントは。

今日は雨の可能性大なのでドロヨケ付のミニベロで出陣です。新しいのはまだもったいなくて。
ミニベロ


















十里木の駐車場にデポし、走り始めます。まず向かうは「入山峠」、盆堀川に沿って緩やかに上っていきます。林道基点の数百mはダートですが何のこともなく通過。
盆堀林道



















途中まで採石場からのダンプの往来が多かったのですが、そこを過ぎるととっても静かな林道です。伐採された杉の高く積み上げられたところを過ぎると、徐々にペダルが重くなります。さらに行くと、大きくヘアピンを巻ながら勾配がグンと急になります。ギヤもローローです。

いつもの雰囲気の道を進みます。

入山峠はあまり眺望が効きません。変な立て看板が乱立していて興ざめです。
入山峠



















早々と下ります。結構急勾配です。下りの途中に頂上にはなかったのトンネルがありました。下からロードの人が男女が上がってきましたが、女性の方がかなりアップアップの様子。でもスタイルが決まっています。私のようにジャージにポロシャツ、セーターとは訳が違う!

下りきって今度は醍醐峠へののぼり。上りきって下ると、有名な和田峠に出ます。ここはきつかった。急勾配が延々と続き、さすがに耐えられず何度も休む羽目になりました。
それでも一歩一歩峠に近づきます。鞍部らしきものも見えてきました。もう少し頑張りましょう。鞍部



















おっと、突然雨、それもかなり強く降り出しました。最初の検証であるポンチョを着ます。すぐムレムレ。足元が濡れる。10分程度で止んだからいいようなものの・・・。峠近くになって勾配も緩くなってポンと下りに変わりました。醍醐峠です。何の標識もありません。そこからダートを下り和田峠に出ました。和田峠



















11時です。早い!!十里木を出たのが8時半ですから、2時間半で3つの峠を制覇です。ここでお昼の大休止。

実は今回のラン、ここからが本当にきつかったのですよ。アップダウンの連続が続く道に、強い雨も降ってきて、雨具を着たり脱いだりが繰り返され、甲武トンネルの上りにかかるころには完全に足が笑っていました。辺りは段々もやっとして視界が利かなくなっています。雨模様



















強い雨のためにムレムレのポンチョを着けての上りには、どのくらいの時間がかかったことでしょう。乗っては降り、乗っては降りの繰り返し。トンネルが見えたときには心からホッとしました。甲武トンネル





















その後は下りのみ。桧原街道を一路デポ地に向かいます。いやぁ疲れました。
途中ではこんな光景も。もう少し待合所をずらせばいいのにねぇ。
待合


































下から


































今度のランでは、いろんな教訓がありました。雨具は考えなければいけませんが、膝の方は乱暴に使った割には痛みが少なく、信州も大丈夫みたいです。それにしてもテクトロのカンティは雨の中、全く効かなかった。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)