タロウの生き様(2)

 タロウががんばっています。一時、吼えたり唸ることもなくなってしまいましたが、最近再び復活して、夜中に起こされるとさすがに腹が立ってきます。寝たきりの方を介護していらっしゃる方のご苦労をほんの少し理解した気がしています。

 昼間は玄関の前に出して寝かせ、夜は玄関の中に入れて面倒を見ています。夜の大きな吼える声で近所に迷惑を掛けないためでもあります。

 と言っても衰弱は相当のもので、オムツをはずしたときに触った骨盤の浮き出た臀部は、さすがに痛々しい感じがして、「おい、いつまで生きるんだよ」と心で思ってしまいました。ある人に「安楽死させたら」、と言われましたが、そういった気持ちはさらさらなく、タロウの生命を見守ろうと思っている今日この頃です。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)