健康雑学講座

F様

 今日は、私に話す機会を与えていただき、本当にありがとうございました。
 今日行ったことは、私が実際の整体の形態に入る前に行っている治療の仕方です。大体5分くらいで行い、その後うつぶせになってもらいます。うつ伏せでは、背骨をさっと触り、違和感があるところに整体的な刺激をします。大体 Tさんにやった感じです。そして足と腹部、最後に胸部と顔をチェックして、立ってもう一度チェックします。
 その時々で、相手に痛みや違和感の変化を聞きながら進めます。もちろん運動させてその可動域や動かしやすさを見るのは当然です。
 大体うつぶせにするまでで、半分以上の調整が済んでいる感じがしています。

 今日はデモンストレーションのような感じで進めましたが、私は、皆さんはもう方法を覚える必要はないと思います。今までのやり方でほとんど対処できるのではないかと思います。ただ、整体的に「こういうときはこうやる」といったパターン化した治療ではなくて、相手の動きや不都合を全体として見て行って、それが変化するように様々なやり方を駆使すれば絶対に相手は変化します。

 もちろん、その際に自分がやっていることに不安を持たないこと、いつも治療するほうが楽でいること、これがあれば大きな変化が感じられると思います。

 次回以降、この講習を続けるのならば、みんなが同じ治療法をおさらいするのではなく、自分自身の治療でどのくらい変化したかを自分なりに判断するような勉強にしたい、と思っています。そして治療以外で治療に必要だと思われることを皆さんと話し合っていければ、とてもよい集まりになるのではないかと思っています。そして「気」がどういうものか、もっと分かりやすい説明が出来るようになれば、と思います。

 私も自分の行っている治療を皆さんに見てもらって、率直な感想が聞ければありがたいと思っています。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)