大岳山を中心に・・・

本当に久しぶりでした。奥多摩の大岳山まで自転車を運んできました。

シングルトラックの径はもちろん、梅の木峠からのかなリ長い林道ダートも、そして山径で始めて起こったパンクも・・・。本当に楽しい一日を過ごせました。やはり自転車同伴だと大変なことも多いですが、それを上回る御利益もあって、やっぱり山サイは楽しいことを再認識いたしました。


五日市でいつも利用する十里木の駐車場に着いたのは7時ちょっと過ぎでしょうか。圏央道経由できたところ、あまりに早く着いたのでびっくりしてしまいました。

鋸山林道の急勾配に泣かされましたが、今日はとっても調子がいいみたい。神戸岩の姿も今日はじっくりと拝むことが出来ました。そして後半は緩くなった坂をウンウンと上り何とか大ダワまで来ました。

01
神戸岩


02
大ダワを望む

03
大ダワ


ここから緩い勾配の山径を大岳山まで押したり乗ったりしながら進みます。樹林の中の径は、風が抜けてとっても気持ちがいいのです。ニッカボッカーを着けている登山者は最近はほとんどいませんが、こちらはそれが定番。今日もボッカーとホースで決めて(?)います。

04

05


大岳山山頂への径は労多くして益少ないので、馬頭刈尾根方面へのトラバースルートで大岳山荘に出て、そこから空身で山頂を目指します。このルート、径がとっても細くてMTBの後輪が道から外れてしまいます。乗っても行けると思うのですが、あまりに細くって・・・。
06
山頂への径との分岐

07


山頂までは岩場をひと上り。自転車がなくて良かった。
平日なので登山者は少なく、それ違った人も20人に満たなかった気がします。
08
大岳山山頂

09
山頂からの展望


お茶を沸かし、カップ麺のスープをすすり、おにぎりをほおばり、至福の時間を過ごすのです。景色は冬のようなクリアなものはとうてい望めませんが、霞の掛かったようなぼんやりした山々は、それなりに風情のあるものです。岩場の径ではクリートが妙に滑り、歩きにくいので、それを外しカバーを付けて万全を期します。

デポした大岳山荘に戻り、ここから御岳山までの下りです。最初は岩場の鎖や階段等が出てきて、自転車は完全にお荷物となるのでした。そこを通過すると、急ではありますが何とか乗っていける道が続くようになります。前輪をロックしないように後輪でスピードコントロールしますが、勾配のせいかタイヤのホールディングが悪いのか、スリップしてしまうほどです。尻を後ろに目一杯ひき、バランスをとりながら下るのです。

10
鎖場

11
芥場峠


尾根から外れて、相変わらずブレーキを握っていると、指が痛いほどに・・・。止まって休んだとたん「ブシュー」と言う音と共に前輪がパンク。リム打ちではなくてタイヤの一部が摩耗して薄くなっていたようです。
それにしてもトピークのマスターブラスターで空気を入れること400回。それでも後輪ほどの空気圧にならず大変でした。やはりMTB用のポンプが必要だと痛感しました。

チューブを交換して走り始めるとすぐに岩石園への分岐が現れました。ここからはシングルトラックとは言えないほどの整備された緩い径が御岳神社まで続くのです。
12
御岳神社の階段


そして神社を過ぎて神代欅の横を通過して、日の出山への径に入ります。

神代欅も元気でした。
13


日の出山への径もいい。最後に担ぎが入りますが、それもご愛敬。
14
日の出山

15
景色も中々


日の出山から下ったところの梅の木峠から、梅の木林道をやろうと思っていました。この下りがすばらしかった。最初は木の根がとても多い非常に走りづらい、でもおもしろい径、後半はブレーキが要らないのでは?と思われるほどのスピードの出る径であっという間に梅の木峠に着きました。なかなかの絶景が見える峠です。
16
根っこが多いなぁ


林道に入るとほとんどダート。
18

17

19

20

梅の木林道、途中に西の入・ホオバ沢林道を経由して、台沢林道のダートを堪能します。
台沢林道は平成23年にも行ってるんですが、その時は工事中で途中で道がなくなっていましたっけ。それも今では全線開通して白山神社のすぐ横に出てくるまでダートが続いているのです。
21
白山神社


なんて楽しいんだ!!中々程度の良い道をぶっ飛ばします。シングルトラックもいいけどこれもいい!!!!ただ日射しが直接当たるのがねぇ。樹林の中だったらもっと良かったのに。

4時頃、車に戻りました。
目一杯遊んだ余韻が残り、しばしボーッとしてしまうのです。よく走ったなぁ、って。

ちなみに今日のコースです。


COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)