25日は大山へ

25日と今日1日は山に行きました。丹沢の大山と三峰山。

25日は大山に行きました。神奈川ではとってもポプラーな山で、途中までケーブルで上ることができるため、老若男女が集うのです。

でも夏までそのケーブルがメンテのために運行していないことが分かり、これなら人も少ないだろう、と思ったのです。

秦野の駅前のバス乗り場では、ヤビツ峠に行く人の長い列が出来ていましたが、手前の蓑毛までのバスはガラガラ。蓑毛で下りた登山者は私一人でした。
01

いろんなコースが考えられるのですが、出来るだけ人が少ないコースを行きましょう。
蓑毛から柏木林道を上り、ヤビツに出てそこからいたつみ尾根で大山を目指す。下りは見晴台から下社に出て、そこから蓑毛越を越えて蓑毛に戻るコースです。

左の径を行って右の径に下ります。昔からの常夜灯。
02


ちょっと横道にそれて、髭僧の滝も観ていきましょう。思った以上に迫力のある滝でありました。修験者が滝行をすることもあるとか・・・。
03


伐採のため、ちょっと径が不明朗なところもありましたが、ヤビツを経て大山まで、コースタイムよりも1割ほど早く到着しました。曇りのせいで景色はほとんどダメでしたが、逆に暑さはほとんど感じないで済みました。
04


ヤビツ峠までは一人も会いませんでしたが、山頂ではそれなりの人数がいましたねぇ。
子ども達が小さい頃に上ったきりだったので、記憶にあった山頂とは大分違っていました。
05


見晴台から下社への途中、こんな竜がまつってありました。かっこいいです。
06


下社はケーブルカーの終点。お土産物屋の人から冷たい水をいただきました。
「ケーブルがないと人が少ないでしょう?」と聞くと、
「半分以下です」とおっしゃる。経営的にはかなリの痛手なんでしょうねぇ。
07

川越の鋳物の組合なんでしょう。とっても大きな鋳物製の桶と手桶。明治37年とありました。
08


下社を過ぎるとかなリ疲れてきました。歩きは下りが疲れます。下社までは人が居たのですが、ここからは一人旅です。
そして蓑毛越。
下社から蓑毛越までは、自転車でも何とかなりそうですが、まぁ、止めときましょ。
09


2時半には蓑毛に下りました。
やっぱり歩くのはいいなぁ。でも下りがしんどいなぁ。
それに自転車の機動性を改めて感じましたねぇ。



COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)