侮れないぞ!!多摩丘陵

最近の自分の中の丘陵ブームとtaboomさんの記事で、今回は多摩丘陵をやってみようと思い立ちました。

朝3時過ぎに起きて始発に乗る、といったいつものパターンがとっても辛くなった今日この頃。やはり自走かな?と思うのでありました。
気持ちだけな元気なのですが、走り始めの億劫さはどうしようもありません。

今日も今日とて、結局家を出たのは8時を過ぎてしまいました。

境川CRを遡上し、桜美林大学の大きな看板が見えたところで町田方面に向かうのです。
日大三校の横の急坂を上って下りると、小山田緑地が近づいてきます。

小山田緑地を右に見て、反対側の小野路へ向かう径に入ります。
01


いい径じゃん!と思ったのはほんの数秒。
すぐに28Cスリックタイヤで来たことを後悔しました。数日前に降った雪が溶けて径はグシャグシャで、たちまちタイヤとガードの間に泥がつまり、ホイールが回らなくなってしまいます。
02

鹿威しにも氷が・・・。
03

でも空は真っ青、とっても気持ちがいいのです。
04

何度泥をとってもすぐにたまってしまいます。
押し押し押し・・・。
05

ここは何とか乗れるんですが、既に意気消沈。
押し押し押し・・・。
06

必死の思いで小野路町に出ました。
布田道に入ります。この布田道、いろんなサイトに出ていますが、実際走ってみると結構変なところを通るんですね。

ここからすぐの処に有名な切り通しがあるはずです。
簡易舗装の少しばかり急な道をウンウン上っていくと、ありました!!
近藤勇も通ったという関屋の切り通し。
07

別所から訳の分からないところをウロウロしながら走っていると、巨大な送電線の鉄塔の下を通っていくのですが、そこを抜けると大きな変電所が・・・。
ここも布田道なんでしょうか。
08

そのとなりには大きな公園墓地(多磨霊園、いずみ浄園)が・・・。
この墓地のそばを通る道も布田道???
09

墓地を見渡せる場所でお昼。
ガスの固定に使ってみました。これ単純だけどいいですねぇ。
10

配水池の横のとても細い道をかき分けて進むと、黒川よこみね緑地なんぞという処に飛び出しました。
この辺り、開発の波が押し寄せて、五万の地図は全く役に立たない。
五万では中山駅があるが、既にその駅名もなく、今ははるひ野駅になったのでしょうか。

ちょうど通りかかった方にいくつかあった道の行き先を訪ねると、
「私は黒川からこの道を通って来たんですけど・・・、」
オオー!黒川からなら帰りの道も分かりそうです。
まだまだ押していくのです。

はるひ野中学でしょうか。学校が見えます。
11

汁守神社。
今日はこれで終わり。
後は家まで一目参です。
12

多摩丘陵、侮っていました。高くもないし、山深くもないので、スリックでも何の問題もないと・・・。
あにはからんや。

雪解けのグショグショ道に完全に負けました。
でも良い天気のお陰でとても気持ちの良い押し歩きになりました。快走シーンは目的地までの往復だけでしたが、長津田辺りの一直線の下りも中々気持ちよく、これはこれで楽しいものでありました。

ちなみにコースです。




COMMENTS

No title

taboomさん、おはようございます。

それほど手間も掛からずに持って行けるので重宝しています。沸かす場所を探す手間もなくなり、ありがたい商品ですね!!ほんと!!!

No title

それから、ガスの足も活躍しているようですね。これなかなか安定しますよね。ボンベだけじゃ腰高だから地面が柔らかい時とか、風吹いたりとかした時の安心感が全然違います。最近見ないなと思ったら、埼玉に持って帰っちゃたんだったのでした。

No title

taboomさん、おはようございます。

いってきましたよ多摩丘陵。
泥つまりには本当にまいりましたが、距離も短いし、標高もそんなにないし、冬の一日としては中々なモンじゃないかと思います。

2月は房総辺りを探して走りたいと思っているんですが、どうなることやら・・・。

No title

おおっ! さっそく多摩丘陵に行かれましたね。なかなか楽しそうな道ですね〜。
しかも、ドロ詰まり。これはなかなか大変そうと思って拝見してたら次は雪が出てきましたね。バラエティに富んでて楽しそうなところです。是非、帰玉した折には行ってみたいと思いますね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)