ランドナー改良

朝、久しぶりにカメラを持ち出してみました。
まだ、日の出には少し早いのでしょう。走り始めはライトのお世話になります。

CRを流している頃になって陽が昇ってきました。
横浜薬大のキャンパスなんですが、我々にとってはやっぱりホテルエンパイヤです!!
01

02

走り始めの手の冷たさが辛くて、新しい手袋を模索しましたが、ここはインナーグローブを試してみようと、モンベルのメリノウールのものを調達。この二日試していますが、やはり冷たくはなりますね。ただ、その時間も程度もかなリ緩和されてきたような気がします。


昼まで仕事場の掃除等に費やし、午後からサガミサイクルまでブレーキワイヤーの買い出し。
そう、久しぶりに自転車いじりをしようと思い立ったんです。

我が家のランドナーは友人からの頂き物。その友人、私よりもかなリ背が高い。という訳でフレームが550ミリなのであります。その上、ステム長が80ミリあって、フーデッドレバーだと結構前傾が強くなってしまうんです。それにマファックのカンティの効きが悪く、ハンドルの上をもってブレーキをかけても、なかなか思うような制動機能が出ないのです。

そこで何とかしようと思っていたのですが、お金はかけたくないので、手持ちのダイヤコンペのギドネットを使うことにしました。追加調達するのは、MTB用のブレーキワイヤーのみ。

今付いているロイヤルグランコンペはオクかな?
03

まずはヘンプ巻きとコットンバーテープを綺麗にはがします。接着テープがこびりついているので、灯油を浸して綺麗にします。
そんなに走ってないので、もったいないなぁ。
04

レバー等をセットして仮の水平出し。
05


ハンドルを外してアウター受けを足の長いマファックに替えます。ギドネットはレバー本体とアウター受けの間隔が短いので、ワイヤーの取り回しが結構大変です。
両国の市川サイクルのHPだったかなぁ。ワイヤーをステムの上に出して一回転させて収めるやり方が出ていましたが、ちょっとねぇ。
06

07

綺麗なルートにすべくアウターを少し無理矢理に変形させ、そのまま形が決まるまで一日くらいおいておきます。
08


ということで今日の作業はここまで。
まだ4時前。
ちょっと走りに出かけます。CRを南下し遊行寺に出て、遊行寺坂を上ります。箱根駅伝で8区のランナーが最後に現れる難所です。

遊行寺坂を登り切って、R1を外れます。
CRと境川が眼下に広がります。もうすぐ日の入り。
10

いつもの径で。
11


昨年返還された深谷通信基地の跡地の方角に日が沈みます。今は国有地になっていますが、将来どんな施設になるんでしょうねぇ。なるべく手が掛かっていない、施設とは名ばかりのものになってくれるといいんだけどなぁ。

富士のシルエットがかすかに見えるのでした。
12

COMMENTS

No title

taboomさん、おはようございます。

やはり市川式でしたか??
私はやっぱり見てくれ重視で・・・(笑)。

でも、自転車いじりってやっぱり楽しいですね。ただ飽きっぽいので、この程度の作業がいいなぁ。と思うのでありました。

ano

あの異形は、ホテルエンパイアという名前だったんですね。
学生の頃、夜を徹して車で遊んで、ドリームランドの前で朝を迎えた時の事を思い出しました。酸っぱいな〜。
ギドネット、私もちょっと前にギドに変えたんですけど、市川式を採用しました。見てくれは悪いですが、軽さは結構いい感じです。制動があまり効かないのはMAFACの古いシューを使っているからですけどね(笑)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)