裏高尾縦走

実は寝坊したんです。
藤野まで輪行し、厳道峠から山道に分け入る予定でしたが、不覚にも寝坊。起きた時には始発電車が出発する時刻になっていました。

平日では、始発に乗らなければ自転車を車内に持ち込むことはまず無理。
準備はそれなりに出来ているので、急遽山歩きに変更しました。

家内と高尾山に行こう、なんて話していた関係上、ここは高尾山をやろう。ただそこだけではつまんない。陣馬山と絡めて歩こうと思い立ちました。一般的なコースですね。

八王子からのバスの時間も調べ、スムーズに陣馬高原下までやってきました。
ここから陣馬山まで一汗かいて、その後は尾根伝いに高尾山まで軽いアップダウンしながら進んでいくのです。

良かったぁ〜!!!
ほぼ20キロ歩きましたが、予想外に疲れてしまって、歩くのってやっぱり大変なんだなぁ、と改めて思うのでありました。下りも疲れるのがねぇ・・・。
京王線の高尾山口駅に着いた時には、足がガクガクになっていました。

でもまた歩きたいな。何しろ始発でなくても行けるからね。

陣馬山山頂から。
01

小仏城山。
結婚前の家内とここでお昼を摂ったっけ。
02

高尾山薬王院。初めて来たけど、迫力ありますなぁ。まだ紅葉が少し残っていました。
03

歩行距離20キロ、獲得標高900メートル。自転車ならこれでなんとなく分かるけど、歩きは下りのきつさもあるから、これだけでは判断できないですねぇ。

COMMENTS

No title

taboomさん、おはようございます。

最近、TVでも「絶景探訪、日本の名峰」とか「日本百名山」とかいう、BS番組を好んで見ています。先日も秩父の両神山をやっていましたが、やっぱり山はいいなぁ、と改めて思います。

逆に自転車の機動性はすばらしい!アプローチに使うのは、かなリ現実的ではないかと思っています。
知人でヒマラヤまで行った人が居るんですが、北海道のかなリ深い山をアプローチにMTBを使って普通は2日かかる工程を1日でやっていた、という話を聞きました。

来年はそういった山を見つけて自転車+山歩きを実践していきたいと思っています。山サイとはちょっと違った遊びが出来るかも知れません・・・。

No title

懐かしいですね。
私も、若いころ家人と2人で歩きました。藤野駅まで行ってから登り始めたのですが、尾根筋のどこから合流したかは覚えてません。(笑)
やっとこ、高尾山に到着した際にはあとはケーブルカーだと余裕ブッこいてたら、ケーブルカーの駅に着いた時にはもう終わってました。(泣)
ライトを持っていなかったので暗い山道を足を引きづりながら降りてきました。ヘロヘロだったのはもちろん私で、山育ちの家人はピンピンで面目なし。
今でもその話をされると頭があがりません。
歩くということ結構大変だと思います。そう言った意味では自転車は楽チンですよね。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)