怪??

孫が来て二週間になりました。

洗濯や掃除はもちろん、沐浴のお湯汲み等々、雑用を一手に引き受けて楽しい毎日を送っています。

昨日も仕事場の掃除や銀行の手続きを済ませ、そして一週間ぶりに来る孫のお父さんに後を任せて、久しぶりに出かけましょう。

でも既に11時半近くになっています。

以前から気になっていた谷太郎川に沿った道と、広沢寺温泉の近くの鐘ヶ嶽周辺の偵察に行くことにしました。時間も時間なので、出来る範囲で探索です。

清川村もすっかり緑に覆われていますねぇ。
01

煤ヶ谷のバス停傍から谷太郎林道に入ります。
ます釣り場があるせいか、家並みが奥の方まで続いています。
こんな処もあったり・・・。
既に一時近くになっています。
02


緩やかな道を上っていくと、すぐに終点。その先は実線の道だったので、もう少し走れる道だと思っていたんですが、完全な山道です。
03


沢沿いの道だったので、そんなに急ではないかな?と思って、木橋を自転車を抱えてやり過ごしました。
04

最初はすばらしい道だわい、と思いながらペダルを踏んでいたのですが・・・。
05


沢を渡る木橋が何度も出てきて、それでもこのくらいの上りなら何とかなる、と思って先に進んでいくと、どうしても担がなければならないような処に出ました。この先どうなっているだろうか。
3.5キロくらい続く道です。時間も考えて引き返すことにしました。
06

林道終点まで戻って、お湯を沸かし遅い昼食を摂ります。
大きな岩の上に座って渓流の音を聞いたり、新緑の木々を眺めたり、おにぎりをほおばったり、カップ麺をすすったり、のんびりした時間を過ごすのでした。


お昼の後はもう時間がありません。
広沢寺温泉への道を先までたどって、さっき引き返した谷太郎沢に合流するところまで行ってみることにしました。
メチャクチャな坂を押して上り、ゲートを越えるとすぐに山の神トンネル。出口が丸く見える真っ暗なトンネルを薄暗いライトを点けて一気に走り抜けます。

ここで異変が・・・。
地形図に表記されている二重線の道を行っているはずなのですが、GPSの表示は標高線をバンバン切って上って行くではありませんか。それも全く道のないところを・・・。
本当は谷太郎沢をすぐ下に見ているはずなのに、GPSは違う処を指し示しています。

GPSが壊れたと思い、そのまま先に進むと、立派な橋が現れ、そのたもとに「不動尻」と言う表示と「煤ヶ谷3.5キロ」の表示がありました。間違いなくさっき引き返した谷太郎沢の道です。

林道はその先もずっと続いていましたが、時間の関係でここまでにして、元来た道を引き返すのでした。
07

あのGPSはトンネルを再び抜けるとまた正常な動きをし始めました。いったい何なんだ?!
山の神が何かいたずらをしたのでしょうか?
家に帰ってルートラボに落とすと、やはりコースはメチャクチャでしたが、標高はきちんと記録してありました。
天城で落っことした影響が出ているんでしょうかねぇ。

今日のコースです。

COMMENTS

No title

MAKOさん、おはようございます。

GPSが結構コースを外すのは分かっていましたが、今回のように大幅にルートを外れてしまうのは初めての経験でした。
山の神にいたずらされた、と言うのが一番ピッタリなんです。

No title

お疲れ様です。楽しそうですね。
木橋もとても気持ちがよさそうであります。
GPSはトンネルもそうですが谷間や深い樹林などで受信しにくい時に、
衛星の位置や気象条件も影響するのでしょうか、ひどく位置飛びすることは、
私も数回ありました。
空が見える尾根筋なんかでのんびりしていると復活したと思います。
が、山の神のいたずらという答えは好きです。わはは。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)