大菩薩峠・石丸峠・牛の寝通り 続報

甲斐大和に7時38分に到着。駅前で組み立てます。
この駅、昔は初鹿野と言っていましたねぇ。こっちの方がいい気がするんですが。

国道20号沿いにあるコンビニで、食料を仕入れます。今日は昨日までの暑さとは一転。曇り空のせいか日当たりが無く少し涼しいくらいに感じます。

昨年、やはりここから走り出して奥多摩まで5つの峠を越えた際、「今度は大菩薩でシングルトラック三昧」と書きました。それが実現した訳です。
01

のっけがきついことは分かっていました。
竜門峡の入り口にやっとたどり着きました。今度は秋にもみじ狩りですな。とっても綺麗そう。
体調が悪いのでは?と思うほど進みません。やはりブロックタイヤのせいでしょうか。
02

日川渓谷。
今日は涼しいと言っても、やはり上っていれば汗も噴き出ます。川の冷たい水で顔を洗います。
いやぁ,気持ちいいですねぇ。
04


嵯峨塩鉱泉。
去年はここの飼い犬に追いかけられたっけ・・・。
この辺りまで来るとかなリ勾配も緩やかになって来ます。
「上日川峠まで**.*キロ」という標識も余裕をもって見られます。
05

途中少しばかり下るところがあるのですが、半袖では寒いくらいでした。

上日川峠。昨年とは位置が変わってしまったような・・・。
昨年は10時半に到着でしたが、今回は11時になってしまっています。体力の衰えか、はたまたタイヤのせいか。
06


ここでニッカホースを履き、万一に備えます。
大菩薩峠までは車が入れるほどの道が続いています。
でもここは押していきます。
07

12時少し前に到着。
定番の一枚を撮ってお昼です。
あいにく景色は全くダメ。その代わりの涼しさだと思えばこれもいいかな?
そういえば38年前の秋、塩山から裂石を経由して上日川峠に上ったことがありました。出来たばかりで、その上雨。もちろんひどいダートで、ひたすら押していたことを鮮明に覚えています。
その時は峠の「介山荘」に一泊し、翌日は小菅道を下り、後山林道を上って三条の湯泊。そして翌日は雲取山。といったハードな計画でした。結局雲取は雨で断念したんですが・・・。
08


昼食後、熊沢山を経由し石丸峠に向かいますが、大菩薩にあんなにいた登山者は一人もいなくなってしまいました。ここから松姫峠に下るまで誰にも会うことはありませんでした。
眼下に大菩薩湖と上日川ダムが見えます。
09

熊沢山への上りは今回唯一の担ぎ。15分程度でしたがきつい!!
10


石丸峠は草原の中。本当にすばらしいところです。また来よう、と誓うのでありました。
11

12

石丸峠から熊沢山を望む。
13


峠から小金沢方面に少し進むと、ついに今日のメイン牛の寝通りへの分岐が現れました。
14

突然下から雲が上がってきて、瞬く間に辺りは写真のように・・・。
標高1700メートル辺りまでは結構タイトなターンや大きな段差等があって,私の力では60%程度の乗車率でしょうか。山サイ研の本では「中級以上ならほぼ乗車可能」と書いてあったので、そんなに厳しい道ではないのでしょう。
15

16

17

その後はとっても走りやすい道に・・・。まるで絨毯を敷き詰めたような径をスラロームよろしく下っていきます。

松姫峠の標識を頼りに進んでいきます。
ただこの林の中にたった一人・・・。やはり熊等の獣に対する不安が高まります。そのせいで、どうしても休憩時間が短くなってしまいます。やはり複数がいいなぁ、こんな時は。と思ってしまうんです。
18

いいでしょう?こんな道。
19

こんな道も。
20


富士が綺麗なはずなんですが・・・。
21


ついに松姫峠に出ました。
22

10キロ以上に及ぶシングルトラックもこれで終了かと思うとちょっぴり残念、でもかなリホッとしてもいて・・・。
23

24


峠からの大月方面はとってもダイナミック。
ここを一気に下り、猿橋までぶっ飛ばします。
25

4時過ぎには猿橋駅到着。
8時に走り始めて8時間。約55キロの充実の一時でありました。

秋には妻と二人で石丸峠、大菩薩嶺などをハイキングしたいと思っています。

COMMENTS

No title

taboomさん、こんにちは。

昔の駅名が替わってしまうのは残念ですが、仕方がないのかもしれません。となりの勝沼ぶどう郷駅も昔は勝沼でしたもんね。

今回も楽しかったですよ。ソロの気安さと不安さが混じり合った何とも言えない気分・・・。そしてちょっぴり下りがうまくなったような気もして。
またいろんなコースを考えていこうと思っています。

No title

昔からある、駅名がどんどん変って行きますね。時代に即した形(=地名と連動)なんでしょうけど、初鹿野といった方がグッと来ますね。
今回も本格派なコースですね。新緑が綺麗な良い季節だなあと画像を拝見して思いました。

No title

MAKOさん、おはようございます。

牛の寝通りは行程が長いので(松姫峠から石丸峠まで5時間)、歩きの人は当然少ないでしょうね。でも径はしっかりしており、崩落もありませんでした。早朝のバスを使って大菩薩に上り、そこからゆっくりと歩いて小菅に下りれば日帰りも十分可能な気がします。

自転車では最高のコースの一つかな?と思います。

No title

山頂周辺は歩いたことがありましたが、記憶がほとんどないです。うーみゅ。
あまり歩く人がいないと古いガイドブックには書いてあった牛の寝通り。
でもしっかり踏まれた道がついておりますね。
あぁ山歩きしたくなってきた。

No title

あじこぼさん、こんばんは。

私が取ったコースでは、大菩薩峠から熊沢山までは担ぎが必要です。また石丸峠からの下りは最初はかなリテクニカル。急坂、タイトターンや大きな段差等があります。

中盤以降はとっても気持ちの良い道になります。

>一人ではムリでしょうか
もちろん大丈夫だと思いますよ。私も一人でしたからね。

No title

素晴らしいコースですね。
>石丸峠から熊沢山を望む。
行ってみたいです。
MTBでも一人ではムリでしょうか?
見覚えのある松姫峠のトイレ脇に出るとはびっくりしました。
あのトイレから富士山が見えました。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)