藤野辺りを彷徨う

普通、サイクリングに行く時には、事前にかなリ考えてコースを決めます。そして、そのコースをプリントアウトして家族にそれを渡しておきます。何処で何があるか分かりませんからね。万一事故などが起こっても何とかなるように・・・、それだけはいつも意識しているんです。
人が居ないところに行くことが多いんで、これは最低限の家族サービスだと思っています。


でも今日は、奥相模湖の北側にある道、県境の両国橋から綱子に続く道をやってみたかったんです。あとは今は相模原市に編入された藤野周辺で、今まで走ったことがない道を走ってみようと思ったんです。


いやぁ,まいりました。
全く平地がありません。

ハンドル周りにフロントバッグとGPSをセット。今日はGPSは使わずトラックデータを記録するのみ。
五万図一枚だけで走る予定です。
01


宮が瀬湖まではいつものコース。
既に27度あります。
02


湖をビューッと下って道志の道へ。青野原地区の旧道を行きます。
旧道を行くとこんなモノも。
青野原関所跡。
03

道志川に沿った国道413号。旧道を探すのですが、なかなかありませんねぇ。でも今日は車が非常に少なくって、暑ささえなければ、最高だったんですけど・・・。
山梨県境の両国橋まで一気に進みます。橋手前を右に折れて綱子まで続く道に入ります。平日だというのに、川は釣り人で大賑わい。リタイヤした人が大勢出張っているんでしょうねぇ。

結構急な勾配もあったりして・・・。
気温はかなリなのですが、吹く風がとってもさわやか。日影に入ると涼しいくらいです。
04


ピークは東海自然歩道になっていて天神峠というんだ。
05


綱子地区をビューンと通り過ぎ舟久保、奥牧野とちいさな集落を通っていきます。
06


遂に県境。ちょっとだけ山梨県の田野入地区へ。トンネルを抜けて再び神奈川へ。
上ったり下ったり忙しい。

07

大草原の小さな家?
08


藤野は芸術の街を謳い文句にしていて、道端の至る所に芸術家の作品が展示されています。シュタイナー学院なんかもあったりして・・。
09

10

11

そんな藤野の街をうろうろします。
芝田からちょっと遊歩道を行こう、と思ったのが間違いでした。

入り口はなんてことはなかったんですが・・・。
12

相模湖の端にかかった鉄橋の階段を担ぎ上げて・・・、
13


鉄橋の階段を下りて遊歩道に戻ると。
すぐに自転車を脇に抱えて片手でロープを握りしめて、沢に下ります。
シダが生えている少し上が一応道です。
14

其処から県道に出るまであまりにも急な道が待っていました。担ぐとそのまま転げ落ちそうになるので、必死になって押します。一歩足を踏み出すのに、足場を固めてよいしょ、と・・・。
その間10分くらい。
一気に疲労がでました。


その後も上野久保、田ケ岡、篠原、牧野峠と進んでいきますが、牧野峠の12%でダウン。かなりグロッキー気味です。
15


この後はもう惰性。なるべく上りの少ない道を選んでいきます、どっちに向かっても上りばかり。


這々の体で厚木の街に入り、その後もちょっとした坂でインナーに落としながらの体たらく。
家に着いたときにはさすがにほっとしました。

ちなみにコースです。

COMMENTS

No title

MAKOさん、おはようございます。

こういう景色を見ると、いつもあの「小さな家」のローラを思い出すんですよねぇ。それにあのお母さん役の声をしていた日色ともゑさんは、電車で見かけた時のあまりの美しさに脱帽。すっかりファンになってしまいました。

No title

トラロープ!
お疲れ様でした。さぞ神経を使ったことでありましょう。
>大草原の小さな家?
インガルス一家。草原には見えないですがきれいな風景とかわいい家であります。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)