御荷鉾スーパー林道走破

御荷鉾スーパー林道を走るのはこれが三度目。ついに全線走破です。
一回目は紅葉真っ盛りの10月に西側の羽沢から塩之沢峠まで、二回目は初冬の木々の葉が落ちた11月半ば過ぎに東側の鬼石から塩沢峠の先のみかぼ森林公園の管理等まで、そして今回の三回目は梅雨前の緑多き時に塩之沢峠から塩沢峠まで。

まだまだダートが残るとっても良い道でしたが、今回が一番のような気がします。
天気も景色も最高。更に道もなんてすばらしいんでしょう。赤久縄山の登山までやって,もう言うことなしです。


秩父で仕事をしている次女が帰ってきていました。日曜に戻るというので、送りがてら泊めてもらい、翌日は早朝から御荷鉾スーパー林道をやることにしたんです。5月は長女の結婚等で中々出かけることが出来ませんでした。そんな訳で、本格的な梅雨に入る前の一時期はチャンスなのです。


7時半に道の駅「上野」を出発。神流川に沿ったように続く国道は、橋とトンネルで直線は長くなり車では走りやすくなったのでしょうが、自転車で走る気はしません。五万図で旧道をたどりながら塩之沢峠に向かう分岐を目指していきます。この道は十石峠に続く道。まだ通行止めで矢弓沢林道に迂回するようです。

旧道からの神流川。もう釣り人が出ています。
01

乙母(おとも)。向こうから若い女性が自転車に乗ってきて,すれ違いざまに「おはようございます」と・・・。こっちも大声で「おはようございマース」。昔ながらの集落を走る時はみんなに挨拶することにしています。
「おはようございます」か「こんにちは」かタダ頭をちょっと下げるだけの時も・・・。
02


下仁田に続く塩之沢峠は、今では長いトンネルが出来てしまい,峠に続く旧道を走る車はほとんどありません。緩やかな勾配の道をのんびりとペダルを踏んでいきます。九十九折れが現れると気分は最高潮。これですよ!!!
03

一汗かいて塩之沢峠、スーパー林道に合流しました。ここから今日のメインが始まります。
04

雰囲気の良い隧道を抜けると、稜線伝いに八倉峠(ようくらとうげ)まで舗装路が続きます。南側は大きく開けて、とても良い景色を独り占めです。
05

06

07


八倉峠まできました。この峠の先が数年前、大崩落が起こりずっと通行が規制されていました。それが昨年には迂回路が出来、今年になって通行がオーケーになったのでした。もちろん自転車は昨年から通ることは出来たようですが・・・。
このゲートのすぐ向こうが崩落現場。すごいです!!!
08


斜面の一部が大きくえぐり取られています。まだこういった補強がさる前の崩落現場の写真も見たことがありますが、実際に見るとやはりその迫力はすごいですねぇ。
向こう側のガードレールが見えると思います。
09

そしてこれが迂回路。
ここからダート三昧が始まります。
10

その前に一服・・・。
11


崩落現場の反対側から、さっきの写真の場所を見ます。
12


こんな道。ワクワクです。
13

ダートではありますが、勾配がそれほどでないので、私の足でも十分に乗っていけます。
なんて気持ちがいいんでしょう。道を見ても、空を見ても、山々を見ても、何を見ても出るのは「いいなぁ、いいなぁ」だけ。
14

15


杖殖峠を過ぎると下り加減に。


ついでに赤久縄山にも登ってしまいました。
頂上のベンチでお昼。まだ12時を少し過ぎたところです。気分的にも余裕があって、今日のサイクリングはなんかとてもいいんじゃない???
16

空もいいなぁ。
17

この注意書きには、いつもちょっとびびるんですけど。
18

みかぼ森林公園の管理等のところからの一枚。前回はここで引き返したのでした。
19


塩沢峠に近づき道も舗装に代わります。
前回見た「名無村林道」もありました。次はここだな。

塩沢峠からの下り途中。
急勾配を一気に国道まで下って行きます。空気がだんだん生ぬるくなるのが分かります。
20


再び神流川に沿った旧道を道の駅まで戻ります。
非常に暑い。走るのが辛く感じます。
21


やっとの思いで到着。
出発時21度だった気温は29度まで上がっていました。車内は地獄の熱さ。
22

4時間半掛けて自宅に戻ったのは8時を過ぎていました。

COMMENTS

No title

taboomさん、こんばんは。

そうでしたか。担ぎ上げて最後に・・・、がっかりした気持ちはよく分かります。

昔は八倉峠や杖殖峠は山サイのカテゴリーでしたね。昭和45年編集の五万図ではこの辺りは全て点線表示で、五万図「万場」は、西上州の山サイコースが満載でした。雁掛峠,八丁峠、赤岩峠をはじめ、御荷鉾スーパー林道沿いの峠や西秩父林道沿線の峠群はそういった山サイのメッカでした。

当時は車もなく、交通が不便だったせいで、トライしたことがありませんでしたが、あこがれのフィールドでした。

No title

良い季節に良い所を走られましたね〜。
私は自転車担いでいた学生時代に、八倉峠に登りました。途中熊笹に難渋しましたが峠に出たら綺麗なスーパー林道が通っていたので、がっかりした事を覚えています。スーパー林道の事はすっかり忘れてましたが、記事を拝見してヒントをいただきました。有り難うございます。

No title

MAKOさん、おはようございます。

行かれたのは2年半前なのですね。その当時でも既にかなリ補修が進んでいたんですねぇ。崩落が起きたのは、2007年のようですね。

サイクリングを堪能した一日でありました。

No title

気持ちのいい風景でありますね。
私が行ったのはいつかなと見ていたら、2010年11月でありました。
尾根の低いところを越えようかとも思いましたが八倉集落に降りたのでありました。
http://cycling451.blogzine.jp/photos/uncategorized/2010/11/07/p1200511.jpg
>名無村林道
うみゅ。こっちも行ってみたい。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)