渋沢丘陵・頭高山そして尺里峠

本当は伊豆へ行こうと思っていたんです。天城の方へ・・・。
でも2月18日のある方のブログで、積雪が結構あった報告がありました。その後2週間たちましたが、まだあるかも、と思って今回は日和って丘陵巡りです。


新年早々にいった渋沢丘陵。まだまだ沢山走るところがあるさ、と言うことで今回は丘陵の西の方にある頭高山(ずっこうやま)をサブメイン、そして山北の高松山をメインとして朝7時過ぎに走り始めます。

国道246号に隣接する矢倉沢往還。
01

旧善波峠トンネル付近にあるラブホテルに続く道も今回見つけました。ラブホテルもかなリ廃業してるんですねぇ。写真の先に見える建物がホテルの塀。
02


渋沢丘陵。
震生湖付近の道。
この畑には何を植えるのでしょう。
03


震生湖はそのままパスして頭高山を目指します。「近道」の標識に従って進みますが、この道がすばらしかった。何度でも走りたいところです。
五万の地図ももっていきましたが、最近は修正が全くされていないせいか、ほとんど役に立ちません。GPSと標識だけが頼りです。
04


中々たどり着きません。
シングルトラック有り、コンクリートの強烈な上り有り、本当に楽しいコースでしたねぇ。

やっと頂上への道につきました。右から攻めましょう。
05


押し上げが始まるとすぐに頂上が見えます。
06


頂上はもちろん誰もいません。
腫れの予報にもかかわらず、空はどんより。
下に見える街並みも霞んでいます。
07


さぁ、ここから国道246号に出ます。ただ渋沢に下ってはつまらないので、細い道を探しながらの道行きです。

里山のこんな道を下っていくと、しか除けのネット。仕方なく迂回します。
08


迂回してさっきのネットのところに来ると、なぁんだ、ネットを下から上げればここから出られるじゃん!!横に開かなかったので、てっきりダメだと思ってしまったんですねぇ。
09


さらに下って行くと、またまた矢倉沢道が出てきました。足柄峠の下の地蔵堂辺りにもありますから、たぶんこれも昔は繋がっていたのかもしれませんね。

すぐにこんな階段道に・・・。全部乗っていきます。ここは楽しかった。
10


小田急線の踏切に出ました。そこにあった看板。
案内の下の方に現在地が出ていますが、ここから迂回路が出来たようです。赤い点線の部分。なぜ迂回路か???
疑問に思うこともなく迂回路に突入。
11


すると河原に出る階段が・・・。
12


担ぎ下ろすと、河原の先にまた階段。なにやら急な階段です。空身で上ると階段の上辺りからロープが下がっています。そう、ロープを頼りに上らなくてはいけない崖でありました。
これは無理!!と判断し、引き返します。
13


なぜ迂回路が???と言う疑問はすぐに分かりました。
踏切まで戻って、踏切を渡ると、すぐに四十八瀬川に出ます。でも向こうに渡ることが出来ません。あちこち探してみると、「一人づつ渡って・・・」と言った小さな木ぎれが・・・。
たぶん橋がなくなってしまったんでしょう。

でも川にはなんとなく人工的に置いたような石が川の中にありました。
これをたどって対岸に行くことができました。
いやぁ、結構パニクりましたねぇ。それに時間も大分とられてしまって・・・。

対岸に渡ったところ。
14


国道246号に出て下を見ると石がはっきり分かります。ここを渡ってきたんです。
15

予想外に時間がかかって既に11時を過ぎてしまいました。
最明寺史跡公園の標識に従って行きます。
急坂です。一気に標高を稼ぎます。先ほどのことで疲れがたまっているせいか、ここは押していくのでした。

国道246号が下に見えます。
写真の左側の赤い鉄橋辺りで、さっきの出来事があったんです。16


チェックメイトゴルフ場。
史跡公園まで後2キロ。
17


この辺りは勾配もなく、気持ちの良い景色が続いています。
これは酒匂川ですね。
18


もったいないほど下って最明寺史跡公園に。
12時半。
ここでお昼です。
本当はこの時間には高松山に上っているはずだったんですが・・・。
ここも誰もいません。
ここからあの高松分校のある高松まで気持ちの良いシングルトラックが続いているんですねぇ。知らなかった。
19


ほぼ100%乗れます。
20


高松からはまたまた上り。
尺里峠まで急坂を上っていくのですが、ここも乗れません。押していくのです。もうかなリ足に来ています。
21

やっとの事で尺里峠。
2時過ぎていました。ここから高松山までは50分。時間的には何とかなるのですが、いかんせん足がダメです。この階段を担ぎ上げると気持ちの良い山道が続いているんですが、途中の富士見台まで上って諦めました。ここで引き返します。
22


これがその道。次回はここだけやりに来ましょう。
23


松田町に下る途中にハイキング道を見つけるとそっちに入って下ります。ウーン、極楽。
24


もう少し自分の体力が残っていたら、高松山まで上りシングルトラックの下りの快感を味わい、どこかの駅で輪行しようと思っていたんですが、残念ですが次回に廻しましょう。
今回は担ぎや押しが結構あったので、結構疲れたんでしょう。

その代わり、自宅まで走ります。

相模川を渡る橋の上から、圏央道の工事が見えます。工事は着々と進んでいるようです。
25


走った距離も100キロを越えました。ブロックタイヤのゴーッという音が結構耳に付くのでした。
やはりアプローチが長すぎかも・・・ですね。

今度は伊豆へ行きましょう、うん。

COMMENTS

No title

アップありがとうございました。いつもながら参考になります。
少しずつではありますが、ダート走行のスキルアップをしてお手本なき迷走をたっぷりやりたいと思います。
今はまるで一年生のなぞり練習のようですが、それが早道と信じております。

No title

あじこぼさん、こんばんは。

>ルートラボにアップ
やっぱりリクエストがありましたねぇ。たぶんアップしていなかったので、あるんじゃないかなぁー、とは思っていました。

http://yahoo.jp/Ik3twp

ただ、あの川を渡った部分は行かない方がいいかも・・・。もう少し別のルートを探した方が、おもしろい道が見つかるんじゃないでしょうか。

No title

たっぷり丘陵めぐりお疲れ様でした。
>何度でも走りたい
>ほぼ100%乗れます。
いやいやこのフレーズが続いて興奮してきました。
またお手本コースをルートラボにアップしていただけるとありがたいです。
>やはりアプローチが長すぎ
反省してます。
こんどはここにクルマをトランスポートして走りに行きたいと思います。あはは
http://www.city.hadano.kanagawa.jp/kotsu/machi/kokyokotsu/kosoku-bus.html

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)