大ダワ、風張林道

 いやぁ、急坂で参りました!!
odawa

新しいフロントバッグ。犬印というメーカー。今までのに比べ、ものすごくしっかりしている。色が赤なんですが、緑と補色の関係もあるし、どうせなら徹底的に目立った方がいいんじゃないかと・・・。これでも(小)サイズなんです。高さがあるからでしょうか。すごくでっかく感じてしまいます。
040601

 五日市の十里木に車をデポ。今日は神戸岩(かのといわ)経由で鋸山林道を上り、大ダワに。下って奥多摩湖から奥多摩周遊道路、風張林道を下って十里木に戻る。
 標高差は、総計1500メートルに。 
040602

 神戸岩への道しるべ。かなり古そうですねぇ。
040603

 神戸岩。でっかい。都の天然記念物。この先の真っ暗なトンネルで、このライトのものすごい性能を見た!!とっても明るい。これなら十分実用に堪える気がします。
040604

 法面崩落で通行止めのせいか、道はあまり整備されていません。おかげでとても雰囲気の良い道が続きます。一応、熊よけの鈴を鳴らします。
040605

 大汗をかいて上っていくと、急に視界が開けます。そろそろ峠か?と思うと上の方にあんな道が・・・。それにしても赤いバッグが引き立ちます(???)。
040606

 大ダワ着。急勾配が続きましたが、頂上はとっても広くて気持ちのよいところでした。まだ9時台です。
040607

 どの程度の崩落なんでしょうかねぇ。自転車はだいたい通れることが多いので、今回もそうだといいんですが・・・。
040608

 ウネウネとした道が見えます。ここを下っていくかと思うだけで、アドレナリンがジワーッと出てくる気がします。当たり前ですが、五万の地図と同じです。
040609

奥多摩湖側へ下る道は、小石が路面に散乱しています。走りにくいですが、これがいいんですねぇ。さて、ここが崩落現場。法面の防護ネットがズダズダになって、丸まっています。土砂のかなりの部分はすでに谷川に落ちてしまっているのでしょう。谷側の木々もなぎ倒されています。自転車で通過するのにはそれほど大きな支障はありませんでした。でも車はちょっとばかり無理かなぁ、まぁ、四駆なら軽いかも・・・。
040614

 奥多摩湖の桜。満開にはもう少し時間がかかりそうです。この深山橋から奥多摩周遊道路の上りが始まります。
040610

 月夜野の駐車場まで上ってきました。奥多摩湖の全貌を見渡すことが出来ます。すばらしい眺めですね。ここに来るまで、ロード乗りの人、二人に抜かれました。どうぞどうぞって感じです。
0406011

 そして今日の最高地点、風張峠。東京都で車のいける最も高いところです。気温は12度。あったかいです。日の当たっているところに座っていると、ポカポカで眠くなってしまいます。
040612

 ゲートの前でいつものおにぎりを食します。味は最高。他に何もいりません。しばしのんびりすることにしましょう。
 このゲートの向こう側が今日のメーンイべント「風張林道」です。ネットなどで調べてみるとものすごい急坂で、ブレーキも効かない、と書いてあるくらい急な勾配のようです。サドルを下げてしっかりハンドルの下側を握りブレーキに万全を期して、いざ出発です。

 んん?確かに急坂だけど、それほどすごいとは思えないかな?なんて思っていたら、やっぱりすごいです。ブレーキレバーを目一杯引いてスピードをコントロールします。ひじの辺りが痛くなってきました。
040613

 下りに飽きて止まったところの標識。歩行者用なのね。
040614

 林道が終わった後もこの勾配です。左から下ってきて、右側に行きます。逆に上ることを考えると空恐ろしいです。この頃から後ろブレーキが鳴き始めました。いったん収まっていた音が復活してしまいました。「キーッ」をいうカナきり声のような音を発しながら下っていきます。
040615

 車のデポ地に着いたのは午後2時過ぎ。渋滞に巻き込まれないで帰れる時間です。朝早く走り始め、速めに終える。最近のパターンです。
 さて、連休はどこに行きましょうか?

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)