唐沢・柏木・六本松林道

今回のコースです。

唐沢林道。
厚木方面から裏ヤビツに向かうと、普通は宮が瀬湖経由になります。
唐沢林道はこれをショートカットしてヤビツ峠に向かうことの出来る林道です。
でも通行禁止でかなリ強固なゲートが設置されています。

途中に物見隧道、火打澤隧道と二つのトンネルがあって中々雰囲気の良い道なのです。

入り口から一気に高度を上げていきます。

たった一人だけで熊スズを鳴らしながら走っていると、車のエンジンの音が・・・。
あれ?これは注意されるかな?と思っていたら、それはなし。
神奈川県の車で、何かの調査のようでした。
01


下りは日の当たらない道になって、道一杯に凍結したところも随分ありました。
02


火打澤隧道。
とっても冷たい風が吹き抜けていきました。
03


ヤビツに向かう県道に出る手前のゲート。
結構狭いところをサドルを下げて無理矢理に・・・。
04


ヤビツについて、「ヤビツ峠」のバス停の前にある階段を担いで上ると、
そこからこれから目指す柏木林道の階段が現れます。柏木林道です。

林道と行っても完全なハイキング道ですが・・・。
写真では右側に下る道です。
05


最初こそは階段で担ぎましたが、その後は中々気分の良い道が続きます。
ただ大きな石が結構多く、それに道幅が狭い上、谷側には何らの障害物もなく、
踏み外せば、そのままかなリ下まで落ちてしまうような道でした。
06

07

秦野の街が遠望できます。
08


六本松林道の終点まで来ました。
右側に道を下りてきました。突然ガードレールが出現しました。
このガードレールが林道の終点を表しています。

実は以前から菜の花台と蓑毛の間にあって東側に分岐する道が気になって仕方がなかったんです。
それが今回名前を知った六本松林道。
09


早速終点から起点に向かって走ってみました。
いいですねぇ。ほとんど地道。それもかなリ楽しい地道です。
ぬかるみ、急勾配等もあって、短い時間でしたが十分楽しめました。


ヤビツからの県道に合流するところまで来て、引き返します。
10


2枚前の写真の場所に戻り、再び柏木林道を行きます。
金目川にかかった木橋。
顔を洗うと身を切るように冷たい水でした。

ここを渡れ宇土、そこからは真っ直ぐなコンクリートの急坂が蓑毛のバス停まで続いているのでした。
11


いつもの浅間山林道を止めて名古木に出て、矢倉沢往還を行きました。
12

途中でGPSの電池が切れてしまい、後半のコースが記録されていませんでした。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)