MTBのタイヤ

今MTBに装着しているブロックパターンのタイヤ。
KENDAのKLIMAX LITE。実測330グラム。メチャクチャ軽いでしょ?
01


でもやはり走ると、抵抗感が強くて、ゴーッと音がする感じなのです。先日も五日市から帰宅まで自走したときにもとっても感じたのです。
02


ブロックタイヤ以外にこんなタイヤがあるんです。
一番上からパナのツーキニスト(640グラム)・パナのロードランナー(430グラム)・パナのブロックのTIMBUK(690グラム)・パナのTサーブ(470グラム)。
ツーキニストは今回購入して山サイ以外のダート走行に使おうという魂胆で購入したんです。カタログ値は540グラム。測り間違いでしょうか。
03


実はこのMTBは知り合いからのもらい物。その際に付いていたのがTサーブとTIMBUKだったのです。
そこでスリックタイヤとしてロードランナーを一本買って使っていたんですが、林道ダートを何回かこなしているうちにサイドに穴が・・・。裏から補強したり、ボンドで固めたりしていましたが、やはり不安があります。そこでツーキニストをTサーブとペアで使うことにしたんです。
Tサーブにしなかったのは単に安かったから・・・。
03


走ってみました。
25C辺りに比べると抵抗感はかなリ強いのですが、ブロックに比べると圧倒的に軽い。
まずはこれで箱根の林道に出かけてみましょうか。
05

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)