ニューサイを見て・・・

1978年のニューサイ158号。
01

春に行こうと思っている開田高原。
昔のニューサイを探していたら、懐かしい名前が出てきました。

月夜沢峠。

158号の終わりの方に見開きで掲載されていたこの峠。
実はほとんど同じ頃に、私もこの峠をやったんです。

記事の一部です。
1ぺージ目。
02

2ページ目。
03



1ページ目の写真とアングルは違いますが、標識の具合がほとんど同じです。
アルプスのフロントバッグですね。

04


2ページ目の写真もこれとほぼ同じですね。
05

当時の自転車は、ペダルは極東プロエース、タイヤはソーヨーのオーバーサイズ、二ジーのリムにミルレモのフリー、ブルックスB17,クランクはコッタードのフロントエースでした。もちろん変速はサンプレプレステージ。
こんな仕様でした。

記事では前日に野麦峠を越えて北から長峰峠を越えて開田高原に入っていますが、私は前日に権兵衛峠と旧鳥居峠を越え、木曽福島から地蔵峠を越えて開田高原に入っています。

乗れないところが多いと記事にありますが、その通りで歯が立ちませんでした。出来たばかりのような道はタイヤが空転してどうしようもなく、延々と押していた記憶だけが鮮明です。

今度予定しているコースも、やはり地蔵峠から入ろうと思うんです。
開田高原の銀座通りをビューッと走ろうと思っています。

COMMENTS

No title

あじこぼさん、こんにちは。

せっかくの週末だというのに雨で寒いですね。MAKOさんの計画もお流れになったようで残念でした。
私は今お昼休み。

1978年と言えば私は既に就職していましたねぇ。
この記事の内容はたぶん1977年だと思うんですが、私が行ったのは、昭和51年だから1976年でしたね。
ちょっと訂正です。

今あの辺りの地図を眺めて,どういうコースにしようかなぁ、と楽しい悩みの真っ最中です。

No title

>1978年のニューサイ158号
この年、大学2年生でした。
秋の学園祭時期に仲間と長距離ドライブが恒例で
東尋坊、芦原温泉(泊)、永平寺、郡上八幡、下呂温泉、高山(泊)
最終日は雨の開田高原をレンタルシビックでとばしました。爆
今度はぜひ自転車で行きたい思い出の高原です。
レポートが楽しみです。

No title

MAKOさん、おはようございます。

>とても行ってみたいと思わせる
そうでしょう?
ただ、今は路肩の崩落で通行が出来ないようなコメントが結構多いですねぇ。
と言うことで、今回もこの峠は予定に入れていないんです。

No title

とても行ってみたいと思わせる写真。
そして標柱がなんともいいです。
もちろん今は全く違う景色なのでしょうけれども。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)