ダート三昧でありました。

今回のコースです。

奥多摩のシングルトラックにするか、奥武蔵のダートにするか思い悩みましたが、結局ダートを選択。始発で八高線東飯能に向かいました。

有名な大名栗林道。特にオフロードバイクには定番中の定番コース。

いろんなサイトに載っている、ここからスタートです。
01

願い通りのお天気にも恵まれました。ヒートテックの下着ではやや暑いかも・・・。

のっけの舗装の急坂をウンウンと上っていくと、お決まりのゲートが出現。3・18に走ったバイクの方のコメントでは「バイクの強引な進入」云々の記載があって、ご本人は潔く引き返したそうですが、自転車ならば大丈夫だ、とたかをくくり先に進みます。
02



でもやっていましたよ、舗装工事を・・・。
工事の人は無関心。普通なら「この先はいけないよ」なんて声をかけてくれるのですが、何とも無愛想です。
こっちから「こんにちは」と声をかけてもうなずくだけ。
「この先は無理ですかねぇ?」
「通れないよ」
ちょっとむかっと来たので、「年度が替わったんで、もう工事は終わったと思ってきたんですよ」
すると,もう一方の人が「すいません。まだなんです」と、ちょっと丁寧な応対。

ユンボが道の土砂を深く掘り下げていて、素人目にも通れないことは分かっていたし、無理矢理通るにはユンボを移動してもらわないといけない状況。たぶん沢山のオフローダーが来て、気分を悪くしているんでしょうね。

私もけんかはしたくないので、「それじゃぁ、どうもお世話様でした」と大人の対応をして、下り始めました。
背中から「どうも」という声が聞こえました。

こんなこともあろうかと思い、名栗湖から有馬林道経由で上る手立てを考えていたんです。昨年崖崩れで撤退した道です。

途中までなルンルン、人がいないので名栗湖もとっても静かな湖面が広がっています。
03


寒さも気にならず空気もすっきり。緩やかな勾配を快調にペダルを踏んでいきます。崩れていた場所もすっかり土砂は取り除かれていました。でももちろんこちらも通行止めですが・・・。
04


これが今回の状態。
05

そしてこれが昨年の崩れていた状態です。
15


ところがダートに変わるとかなりひどい道。悪路です。乗っていくことができず、押していきます。靴も滑って押すのも大変です。非常に足に来ます。でもまだ10時ちょっと過ぎ。時間も早いし気分は上々です。GPSを見ながら、今はどこか?と確認しながら押していきます。
06



上の方に大名栗林道のガードレールが見えてきました。やっとです。
07


大名栗林道に出てホッとするなんて・・・。これも変ですねぇ。
08


のんびりと大休止していると,沢の方から人の声が・・・。なんと三人の釣り人がぬっと現れました。聞くと、下から沢を登ってここまで来たとか・・・。イワナ釣りだそうです。
「お互いに好きじゃなきゃ出来ないですよね」と。
「そうそう、ホントだよ」
そのうち一人の人が、自転車を持ち上げて、
「へぇ、こんなに軽いんだ。高いんでしょ?」
こっちもいい加減に
「ええ、**万です」と言っておきました。

そして大名栗林道。
切り通しが有名なのでそうですが、こういった場所がたくさんあるんです。
09

山の稜線を縫って道が続いているのが遠望できます。有馬林道ほどではないにしろ、やはり結構な悪路です。でも勾配が緩いので楽しんで進むことが出来ます。
10



緩やかなアップダウンを繰り返しながら終点の広河原逆川林道の合流地点に近づいていきます。かなリ高いところにその広河原逆川林道が見えます。豪快な景色がずっと続きます。

林道終点でお昼。12:30。看板を風よけにお湯を沸かし、誰もいないこの空間で,この景色を一人占めです。熊も出そうにないし・・・。
11


おにぎりをほおばりながら、午後からのコースの検討です。
広河原逆川林道を上り有馬峠を越えて秩父に出るか、地図にも出ていないダートの西名栗林道を走るか、判断に迷いましたが,今日はダート三昧で行こうと決め,西名栗林道に向けてハンドルを向けることにしました。

舗装路をすこし下ったところにある分岐から入ります。地図にも出ていないし標識もありません(小さく出ていたようですが見落としました)。林道に入るとすぐに絶景が広がります。
13


山の向こうにこれから行くはずの道がへばりついています。
勾配は緩くダートも大名栗林道よりも程度がいいような気がします。
14

しばらく下ると、分岐が出てきました。炭谷入林道でしょう。地図では炭谷入沢というのがあるので、この道に出るものと思われました。
15


炭谷入林道。最初だけはコンクリートの簡易舗装だった真っ直ぐに下る急坂をダダッと進んでいくと、あっという間に県道に合流しました。
16



これで今日のメインイベントは終わりました。でもまだ時間もあるし、地図で見つけた原市場名栗林道をやりましょう。
17


東飯能に戻る途中の梅の花や名栗川に沿って続いている散歩道も中々捨てがたい風情で、それまでのハードなランとはまた違った楽しさがありました。
18

19


駅に着くと、すぐにくる電車のアナウンスが聞こえます。分解して急いで袋に詰め、顔も手も洗わずに電車に飛び乗りました。今日もよく走ったなぁと思いながら、ウトウトするのでありました。



COMMENTS

No title

MAKOさん、おはようございます。

林道なんかを走ると、こういうことってよくありますよね。工事の人の対応に喜んでみたり憤慨してみたり・・・。でも通年通行止めの道を莫大なお金をかけて舗装にする必要性って・・・?あれしかないですよねぇ。

やっぱりダートはいいですねぇ。ただGPSが壊れないかちょっと心配なんですけど。

No title

>年度が替わったんで
わはは。そんなストレートな。
崩れていたところはすっかりきれいでありますね。
それにしてもガタガタのダートたっぷりであります。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)