ニッカズボン

昨日は、ちょっとした用事があって、千葉の実家に行きました。

実は実家から車で20分くらいの所にニッカポッカなどを扱うお店があるのでした。
以前からネットで見ていて、NET通販もやっていると言うことで注文しようと思っていたんですが、他のサイトを見てサイズなどをチェックすると、自分に本当に合っているのか??分からなくなってしまっていました。

リンプロジェクトやステムデザイン、ナリーニ、パールイズミ等々、膝下まで隠れるズボンは結構ありますが、股上や股下のサイズがバラバラ。それにウェストだって自分がいつもはいているズボンとはだいぶ違うんじゃないか、と思ったりして、なかなか注文に至りませんでした。

今回伺ったお店も、これほど実家に近いとは思っても見なかったので、まさか訪問するとは思っても見なかったのでした。

まぁ、何はともあれ一本買ってきましたので、ご紹介しましょう。

05
一番左は、一番使う頻度が多いユニクロの1990円で買ったスリークォーターズボン。真ん中は30年以上前に、頒価な山用品が多かった「ニッピン」で買ったニッカポッカ。そして右が今回手に入れた「ウッディーテール」のニッカポッカです。ウール97%です。
「ニッピンで買ったのなら、うちのものかも知れません」と店主の梶さん。

00


02
裾の部分のアップです。
上からユニクロ、ニッピン、ウッディーテール(以下ウッディー)、です。
ウッディーにはニッカホースの滑り止めが付いています。これは山用にはないようですね。


そして股下サイズです。
01
ユニクロ47センチ、ニッピン45センチ、ウッディー50センチ。
ユニクロとニッカホースの組み合わせだと、時々膝が出てしまいます。ニッピンの場合は自分にはツンツルテンの感じです。ウッディーの50センチはなかなかいいサイズのような気がします。


このニッカを選ぶまでには何本も試着させていただきました。ウェストサイズが同じでも生地の違いで、微妙にはき心地が違うこともはっきり分かりました。本当はニッピンのような生地が良かったのですが、はいた感じがどうしてもこの方が良かったんです。
店主の梶さんには「はいているうちにしっくり来ます」というアドバイスもいただきましたが、やっぱり第一印象を大事にしました。
また綿のニッカもなかなか捨てがたいはき心地。たくさん種類があると逆に迷ってしまいます。

もう一つ、実は私の普段はきのズボンは79センチなのですが、購入したのは84センチ。82センチでも良かったのですが、なんとなく足回りがきつい感じ。やはりこういうものは実際に身に付けて確認してから買うべきだ!と痛感しました。

このニッカポッカに娘に買ってもらった山シャツを着て、少しばかりかっこをつけて走りに出かけてみましょうか。
まずは春の開田高原。


ウッディーテールの店主が梶さん、なかなか楽しい命名だとは思いませんか?
それにテールにはテーラーメイドの意味もかけている、なんてこともお茶をごちそうになりながら伺いました。結局一時間近くお邪魔してしまいました。

最後にお店の様子です。左端にレトロなミシンが写っているのが分かりますか。
04

「ウッディーテール」か「ダンスポーツ」で検索すると、すぐに出てきます。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)