山から海へ

ここ数年、4日に100キロ程度の自走サイクリングをやっています。昨年は尺里峠、一昨年は津久井湖北岸をやりました。今回はどうしようかな?と考えましたが思い浮かびません。和田峠も考えましたが、少しばかりアプローチが長い。

悩んだときはヤビツでしょう。というわけで自宅から裏ヤビツと言われる北側からのアプローチすることにしました。

厚木まで一時間、宮が瀬湖まだもほぼ一時間、8時過ぎに家を出て、10時頃には宮が瀬湖岸で一服になりました。湖岸の気温は8度。寒くはありません。
01


おなじみのヤビツへの道。
02


緩やかな気持ちの良い勾配が続きます。
塩水橋の前後で大きくヘアピンし、あっという間にいま通ってきた道が対岸に見えるようになります。ここが一番いいかな?
03


山はやっぱりいい!すっかり葉を落とした木々の間を風が吹き抜けていって、ゴーッと大きな音を出します。川の水は身を切るように冷たいのですが、それも気持ちがいい。
それに今日は脚の調子がとっても良くて、坂道?どんと来い!って感じでしたねぇ。こういうこともたまにはなきゃね。

ヤビツはローディーが多いだろうと思ったし、昨年末にも行っているので、今回は菩提峠に上り、表丹沢林道を経由して、蓑毛に降りることにしました。

04

菩提峠。
いつもここでお湯を沸かして、ランチタイムです。
05


いつもの景色。
秦野の街と遠くに太平洋が遠望できます。下に見える道は表丹沢林道。
06


蓑毛を越え、名古木を通過して、強う向かい風の中、金目川を平塚に向けて南下します。チャックを下に下ろしたウィンドブレーカーの中に風が吹き込み、それも気持ちがいいのです。
07


本当に風が強かったですねぇ。
白波が立っています。
08

結局、110キロを走り、自宅には3時過ぎに戻ったのでありました。
来週は房総です。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)