やっぱり平均10キロなの?

レストアなった「Yajirobe」号。初めての出陣であります。

バーテープのニスが途中なので、ハンドルだけミニベロのを拝借しての走りであります。

最初は甲州の上日川峠・柳沢峠・犬切峠をやろうと思っていたんですが、不安があって急遽近場にしました。
それがこれ

かなり頑張ったんですが、やっぱり平均11キロと、何時もと大して変わらない結果になってしまいました。もちろん平均で1キロって大きいですけどね。


お父さんの写真って、どこへ行ってもみんな同じじゃん。
娘から言われてしまいました。その通り!いつも同じような景色の処ばかり走っているからね。
と強がりを言ってはいますが、そう思うだろうなぁ。自分でも思うから・・・。

でも何度行っても飽きないんですよねぇ、これが。


今日は丹沢の東側の林道をまとめてやりましょう。紅葉もそこそこになっていると思いますからね。

大山のふもとからいつもの浅間山林道に入ります。
とっつきの看板。
「通行止め」の下に「二輪、自転車を含む」とわざわざ注がうってあります。無視するわけではないのですが、結局は無視した形かな?
01

ほっほっと上ってくると景色が広がります。
勾配もさほどではないこの浅間山林道は、とっても好きな道なんです。
02


一気に下って蓑毛について、すぐにヤビツへの上りが始まります。まだまだ快調です。

ロードの人に抜かれました。黙っていくので、「こんにちは」とこちらから声掛けです。
皆さん同じ自転車に乗っているのに、声掛けをしないんですねぇ。

菜の花台。展望台に上ってみましたが、あいにく富士は雲の中。
03


お決まりの一枚。
日差しが暖かく、眠くなってきます。珍しく売店が開いていました。
04


通称「裏ヤビツ」を下ります。
この道も最高ですね。車も少なくルンルンでした。
05


紅葉もきれいなところが結構あります。
06


今日は宮ヶ瀬湖には行かず、途中から唐沢林道に入ります。
この道。サイクリングを復活した際に最初に走った道なんですが、そのときに道の左右に猿の一群が(数十頭という数でした)逃げもせずに私のほうをじっと見つめていました。その中をこわごわと通過した。あの記憶が鮮明で、今まで足を踏み入れなかったんです。
さらに下りで落ち葉で見えなくなっていた、道を横切るグレーチングの隙間に前輪がはまってしまい、前に大きく一回転したこともあったんです。
そんなこんなで、久しぶりの唐沢林道、熊鈴をチリンチリンと鳴らしながら、不安な気分一杯で上っていきます。


でも景色はいいですねぇ。山が深く紅葉もずっと鮮やかです。

一つ目のトンネル「火打澤隧道」です。
07


隧道を抜けたあたりから周囲はさらに山深くなります。
不安が募りますが、そこに法面の補強工事の現場が現れました。
急にほっとしました。これで猿の心配はなし、をふんだんです。だって、車が通った、ということですからね?

安心して周囲の景色を楽しみながらゆっくりと走ります。
08

09


こんなところもありまして・・・。
泥除けがないから、こういうときに困りますね。
10


林道に入り口はあいていましたが、見張りのおじさんが弁当を食べていました。声もかけずにゲートを通過です。おじさん、あっけに取られていました。



すぐに法論堂林道に入ります。半原超のある林道です。

かなり疲れてきました。
ペダルの回転も遅くなってきて、速度が上がりません。
それでも何とか頂上に。
ゆっくりとお湯を沸かし、遅いお昼ご飯です。

後は自宅まで一気に走るだけです。

距離も100キロを越えそうです。

でも平均の速さは11キロ。やっぱり10キロ平均で計画するのがよろしいかと・・・。
ブルペは夢の夢ですなぁ。
11


家にたどり着いたのは4時頃。あたりは少し薄暗くなっていました。

COMMENTS

No title

MAKOさん、おはようございます。

>とりあえずトライ
やっぱり止めときます(笑)。
今週も自宅まで自走したんですけど、飽きてくるんですね。短くても上り下りがはっきりしている道で、かつそんなに距離がないのがいいようで・・・。

標高差1,000~1,500メートル、距離100キロ以下が一番いいんじゃないかと思っていますよ。
そして平均速さ10キロ!!ですね(笑)。

No title

>見張りのおじさん
わはは。
がっつり走られております。
>ブルペは夢の夢
休みなしで15キロ。実際はもう少し稼がないとでありますね。
でもこのアップダウンでありますもの。
とりあえずトライしてみるっていうのはダメですか?

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)