秩父の林道群

5月2日・3日と秩父に走りに行きました。
昨年までは残雪を見に行っていたのですが、今回は何となく遠出しづらい雰囲気・・・?

娘のアパートもあることだし、秩父周辺を走って宿代も浮かせようという、何とも情けない話ではあります。
まずはコース紹介。


出発は道の駅瀧勢会館。なかなかおもしろい施設がありそうですねぇ。
GPSをセットし、ゆっくりと土坂峠方面へとペダルを踏んでいきます。

実は今回のコース、5万図の万場を見ていて発見した「茅の坂峠」。すぐ横に林道らしき道が表示されています。調べてみると「茅の坂峠林道」と、あまりにもイージーなネーミングではありましたが、心そそられここを含めたコースを考えました。

車まで戻ってこなければ行けない、いわゆる周回コースの定めで、結果的には妥当なコースに落ち着いたようです。
01


土坂峠に向かう県道と分かれると、すぐに合角(かっかく)ダムが見えてきました。私の5万図には「ダム建設中」として表示がありません。平成15年完成。今はどこにでもダムがある気がします。
まだまだ元気です。
02


更に長久保林道との分岐を過ぎ、平成の名水百選「毘沙門の水」をボトルに満たし、奥へ奥へと進みます。
こんな処にもちゃんと集落があってお店もあるんですね。
03


八谷で矢久峠への分岐を過ぎ、いよいよ茅の坂峠林道に入ります。ごく普通の林道でありました。
でも見晴らしがあまり良くないけれど、かえってそれが山深い感じがあって、それはそれでいいんじゃないの?という気分になるのです。

熊の出没だけは勘弁して欲しいので、熊鈴を鳴らしながら上っていきます。
04


林道増設のために無理矢理山の一部を削ったんでしょうね。迫力はありますが、何かなぁ、といった気分にもなります。
でもこの林道、できたのは結構古そうで、ずいぶん歴史がありそうな道のたたずまいではありました。
05


ピークにも何の印もありません。一気に下っていきます。
この眺めが好きなんです。
葉桜になってしまってはいますが、やはりきれいです。
06


国道299号に出てしばらく行くと、九十九折れになり、その途中に西秩父林道の入り口があります。
昨年、熊さんにお会いした志賀坂峠、あまりいい思い出はありませんねぇ、さすがに。

さあ、ここから今度は進路を東にとって西秩父林道、そして上武秩父林道を全走破します。
07


今日は大陸からの黄砂の影響で、見晴らしはあまり良くありません。その代わりにちょっとばかり幻想的な感じです。
08



二子山トンネルを抜けてもまだ上りが続きます。

ここから上ったり下ったりの尾根道特有のアップダウンが始まります。
09

10


矢久峠まで来ました。
1キロごとに標識があって、それは親切なのですが林道にこんな設備が必要なの?とも思ったりして・・・。
11


土坂峠に向けて一気に下ります。
12


22キロ近くの及ぶ西秩父林道は、この土坂峠で終わり。ここからは上武秩父林道が20キロ近くにわたって続きます。途中には先日走った城峯山や太田部峠があります。
13


城峯山への最後の上りを終え、後は奈良尾峠、風早峠と下りながら通過していきます。
14

この下りは最高に楽しいものでした。
今までの上ったり下ったりで、いい加減いやになってきた気分がいっぺんに吹き飛び、最高の爽快感!!途中の景色を目の端っこに入れながら一気に下っていきます。
15

また好きな光景が・・・。
16

後は県道に出て、道の駅を目指すだけです。
近くの温泉施設で汗を流し、娘のアパートに向かうことにしましょう。



COMMENTS

No title

MAKOさん、こんにちは。

行ってきましたよ!
あまりにも黄砂がすごかったので、なんか喉の奥にまで砂が入った感じで、息苦しかったですね。

デモでも充実した一日でありました。

No title

お疲れ様です。
黄砂すごかったですね。
八谷で矢久峠への分岐を左!
ほんとに良く走られます。
矢久峠下の写真、八谷に下りる道の分岐。私もそこで写真撮りました。わはは。
大田部峠。
私、神流川側万場から土坂峠に上がって太田部峠から神流湖方面楢尾(ムツばあさん)に降りる、周回40km弱のコースを考えておりました。



COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)