古いニューサイ・その2

ニューサイ81年1月号です。(写真はクリックすると大きくなります)
表紙に「林道あ・ら・か・る・と」と書いてあります。
この企画は、この前月号で浅間山の麓の1200メートル林道の紹介から始まり、
結構長く続いた後、名前を変えて林道の紹介記事が続いたように記憶しています。

この号で紹介している「白銀林道」は、昨年も走りましたが、今でも非常に楽しい道です。
ダートあり、海も見え、それなりにハード。
01


そしてこれが次ページに載っている丸石の「バルボア」。
エンペラーをベースに作ったものだそうです。
この自転車の魅力ですが、チューブラー、700C、650Aの三つのサイズが装着できる仕様になっています。
ブレーキはダイアコンペのサイドプル、ラージサイズだと思うのですが、
これで全部のサイズが収まるのでしょうか。
とっても興味がありますねぇ。

またこのチェーンホイール。
杉野のスリーアームのマキシィだとおもいますが、リングがルネパターンになっています。
私は昔、このスリーアームのコッタードのフロントエースを付けていました。
02

そして最後にこのミニベロ。
メーカー分かります?
なんとアルプスです。
03

この頃、古いニューサイを引っ張り出して読んでいますが、なつかしいですねぇ。
この号には、エベレストのミキストなんかも載っていて楽しめます。

この号が出たときにはすでに結婚していて、
自転車からはだんだん遠ざかってきた時期でもありました。

COMMENTS

No title

アルプス・・・、興味あるでしょ?

以前のニューサイには結構いろんなタイプの自転車が出ていて、アルプス、神金、東京サイクリングセンター、トーエイ、ケルビム、ヒロセ、アマンダ、3Renshoなど、広告を見ているだけで楽しいです。

No title

アルプスのミニベロミキストは初めて見ました。

それにしても、表紙の写真、味があります。
これは手に取りたくなります。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)