ツールド神奈川(6)-三浦半島は自転車天国?

 新年早々の走りは三浦半島一周にしました。ちょうどツールド神奈川のコースにも重なり一石二鳥。三浦半島に行くには、悪名高い国道16号線があって、ダンプなどの大型車が行き交い、平日に走るのはとっても怖い。さらに西側は、道が細く観光地も多いので、休日もけっこう車が多い。

 お正月のこの時期が一番安心して走れるのです。予想通り、16号線もスイスイ。八景島、横須賀、観音崎、久里浜、浦賀、城ヶ島、三崎、葉山、逗子、由比ガ浜、江ノ島と、大観光地を一気に走り抜けました。

 自宅から環状2号線を磯子に向かいます。前回磯子で終了したので、今日はそこまで走り、そこから(6)の開始です。「港南ひまわりトンネル」なんでひまわりなんだか分かりませんが、環状2号線唯一のトンネルだそうです。新しいので、歩道も広く、とっても走りやすいですねぇ。

ツール6-1

 シーサイドラインです。途中に八景島なんぞもありますね。野島崎公園あたりですかねぇ。

 ツール6-2

 トンネルの上に民家が密集しています。怖いんですけど。房総のそれと比べると趣が足りないかもしれませんが・・・。車が少ないのが分かりますね。
 ところで、今日はサドルバッグで出陣です。いつもとフォルムが違います。けっこうサドルバッグって好きなんです。

ツール6-3

 横須賀の三笠公園内にある戦艦「三笠」。日本海海戦のときの旗艦ですね、確か。この公園、自転車も入れません。横須賀を過ぎてからは本格的な三浦半島になる気がします。

ツール6-4

 観音崎灯台。昔の灯台のスタイルとは全然違います。
訂正です。観音崎灯台は、大正14年のものが現在もあるそうです。写真のものとは別に灯台があるそうです。(1/6)

 ここで休憩している頃から、急に自転車で走る人が多くなりました。それもほとんどがロードレーサー。何しろみんなかっこいい。私はコールテンのズボンの裾をクリップで留め、上のウィンドブレーカは、昔風に言うとヤッケ、それに野球帽。まぁ、工事現場で働いている人とおんなじカッコを想像してください。それに比べ、皆さん、自転車専用のピチッとしたタイツにカラフルなウィンドブレーカー、それにヘルメット。
 もっと違うのが自転車本体。ドロヨケつきの自転車には、お買い物自転車以外、一台もお目にかかれませんでした。

ツール6-5

 遠洋漁業に行く漁船でしょうね。でっかくってカッコイイです。整然と静かに並んで次の出航を待っているって感じでした。浦賀を出たすぐのところです。

ツール6-6

 城ヶ島に行く途中の宮川にある風力発電の風車。勢いよく廻っていました。風はずっと強かったのですが、前半は追い風、後半は少し凪いで、風では困りませんでした。

ツール6-7

 城ヶ島大橋の上です。三浦の市街ですね。ついに一番南まで来ました。このあたり地図には出ないアップダウンが結構あって、息を切らしながら到着しました。

ツール6-8

 三浦漁港。大きな船が停泊してました。マグロを積んで帰ってきたのでしょうか。クルーザーがその横を通り過ぎていきました。

ツール6-9

 ロードの人たちに抜かれっぱなしだったのですが、そのおかげか自分にとっては結構なスピードを維持できました。あっという間に葉山・逗子を過ぎ、江ノ島が見えてきました。

 これで6回に及んだ自分ひとりだけの「ツール・ド・神奈川」は終了です。やったね!!ッて感じ。

 新年のイベントとしては最高でしたね。走行距離は120キロでした。

ツール6-10

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)