地図で見つけた道

どこに行こうか??

輪行しないで自走してダートがあって・・・、ウォッチずの六千分の一で探しました。
最初は半原越、物見峠(唐沢林道)、ヤビツ峠、春嶽林道、浅間山林道ってコースを考えたんですが、標高があるので雪かもしれない。それにヤビツも少し飽きたし・・・。

青梅線沿線はそそられますが、自走は自分には無理かもしれない。
そこで宮が瀬にあたり目を向けると、単線の「仙洞寺林道」「南山林道」らしき道があるではないですか。

結局南山林道(標識は東南林道でした)をメインに、近くの志田、三増の二つの峠を組み合わせて、コースを考えました。
結論、やっぱりダートはいいですねぇ。

00


いつも持ち歩く五万図。GPSなどは持っていないので、これだけが頼りです。

道に迷ったり、現在位置がわからなくなったり、それでも地名や送電線の位置、それにカーブの形状等で今の位置を何となく知ることができます。マップリーディングのおもしろさでしょうね。

この地図は「上野原」。赤い線は走ったコースです。だいぶい赤が増えてきています。酒を飲みながらこれを見ているだけで楽しくなるのって?変ですかねぇ。
01
この地図の右下に宮が瀬湖があります。その少し北側に途中で道がなくなっている処がありました。そんなとき、その辺りの地名に「**林道」と検索すると、ヒットすることがあります。
今回の東南林道もそれで見つけました。



厚木から半原方面に進みます。これは地図に「横須賀水道」と書かれた道。導水管がこの道の下を通っています。まっすぐな道がずっと続きます。信号も少なくとても好きな道の一つです。
02


横須賀水道をずんずん進むと、三増(みませ)に着きます。
昔、北条氏が豊臣・徳川連合軍と戦った三増の合戦場です。

志田峠は三増からすぐの処にあります。
ダートの大きな石があって、急でもありますが、ウンウン上ります。
04


峠手前の工事現場。
残土処分場の造成です。樹木を伐採し谷を残土で埋め尽くすのでしょう。切り取られた木の根元の太さが目に焼き付きます。
05


志田峠。
この写真の横では・・・。
06


伐採された大量の木が大型トラックで運ばれていきます。
そのためにこちら側は広く立派な舗装路になってしまっています。
07


志田峠を下りきって、今日のメイン、東南林道にハンドルを向けます。
串川橋を渡ってすぐに川沿いの道に入ります。日陰に入ってメチャクチャ寒く感じます。

大堀から東南林道に入ります。
のっけからこの勾配!
息遣いが一気に早くなります。
08


それが緩やかになると、今度は・・・。雪です。
日陰に入ると雪が残っていて、タイヤが空転します。
09


景色はそれほどよくはありませんが、誰もいない道を堪能しました。
ピークも何もありません。
風の通り道になっているのか、ものすごく寒いピークでした。
10


下りも雪が・・・。
絶対に転ばないぞ!
11

鳥屋(とや)付近の住宅にこんな形の家がありました。別荘みたいですね。
12

宮が瀬湖が見えるふれあい館に。
さすがにお客さんは少なく、トイレも凍結防止のために障害者用のトイレしか使えませんでした。
13


鳥屋から串川橋まで戻り、今度は三増峠のある小倉山林道へ。
「バイクも自転車も通行禁止」とある、がっちりしたゲートをクリアし、ダートの道に。

道を横切る溝の格子ふたもこんなところが随所にあります。下りは気をつけなければいけません。
それでも勾配はそれほどでなく、息もそれほど切れることもなく峠まで行くことができます。

いい感じですねぇ。
14

そしてこれが三増峠。

湯を沸かして、今日準備したのはココア。
冷めにくくなかなかよい飲み物ですなぁ。
東南林道では風が強かったのですが、ここは全くありません。暖かくのんびりするにはもってこい。

30分くらいボーッとしていました。
15


登りの途中に枯れ枝を巻き込み、チェーンが外れてこんな状態に。

チェーンステイの向こう傷、残念なことに走るたびに傷が増えていきます。
16


下りの途中、相模川と相模原の町並みが見渡せます。
この小倉山林道、ゲートに入ってから出るまで全てダート。
自分にとって、とっても好きな林道なんです。
17


県道に出てからは、一路自宅を目指して一直線。
帰宅したのは5時過ぎ。4時を過ぎることから急激に寒くなりました。

今年2度目の100キロ超え。一月の走行距離も500キロを超えました。
出だし好調です。



COMMENTS

No title

あじこぼさん、こんばんは。

そうですよね、ブルペは鳥屋を通過しますね。

後輪ドリフト・・・、昔はわざとやったものですが、最近は転ばないことが第一で、スピードは二の次三の次です。
ですからとってもおとなしく曲がっています。

ダートを走ると、舗装路のありがたさがよく分かります。舗装路に飛び出した時のほっとする気分は、何ともいえないものです。

No title

326は鳥屋を通過します。
石積みのカーブはいい景色ですね。ぐぐっと感じます。爆
ダート愛好家は尊敬します。
モーターサイクルだと後輪を滑らせてターンしたりします。
自転車はどうなんですか?

No title

MAKOさん、おはようございます。

GPS・・・・??
ウーン、今一番そそられる言葉です。

結構近場を丁寧に走ってるんですよ。特に道志・東丹沢周辺は自走で何とかなる(自分にとって)ぎりぎりのエリアで、重宝しています。

MAKOさんのお住まいの辺りのほうが、もっと走りがいのあるところがあるなぁ、と「隣の芝生」的な思いでブログを読ませていただいています。

No title

wheelさん、おはようございます。

この道、ゲートがばっちりで一般の車は入ってこないため、凍結防止剤はまかれていないんですねぇ。

でもチェーンステイの傷をタッチペイントで修復だけはしましたよ。

No title

>変ですかねぇ
わはは。GPSを使う私ではありますが、
この楽しみはわかります。それにしても周辺を良く走られております。

>がっちりしたゲートをクリア
わはは。

500キロ!私は500弱でありました。うーみゅ。

No title

>日陰に入ると雪
ひゃー、これだけ雪があると怖かったでしょう。。。
そう、凍結防止剤って成分が塩なのでサビを誘発するんですよね
私も先日の雪の後は掃除に気合いを入れました(笑)

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)