金時林道

今年最後のサイクリングでスじゃ。

輪行するのが何となく億劫で、つい車での移動になってしまいます。良くないなぁ。

ダートをやりたいので、いろいろ物色した結果、交通の便もまぁまぁ、富士も見える、勾配もそこそこ、それに所々走っていないコースも・・・。という事で、足柄峠からの金時林道をメインにコースを組みました。平地が全然ないコース、下りがすぐに終わり、ずっと上っていた感じがします。

00


昨日までの寒さはどこへいったのか?用意した防寒対策も不要になるほどの暖かさの中、デポした道の駅山北を出発する。

まずは足柄峠への上り。

国道246号線を経由して、足柄駅まで向かうが、結構な坂が待ち受けていた。
足柄峠は東山道の峠でかなり古くからある道だそうな。
01

小山からの上りに比べ少しばかりこう配も緩やかか?それに道が裏びれていてとってもいい。
静かだ。誰もいない。

時々現れる標識をたよりに淡々と上っていと、小山からの道と合流する。峠はもうすぐだ。
02

03


峠の城址公園からの富士。やはり冬は富士がよく似合う。上にかかった雲は、最初は頂上にまとわりついていたが・・・。
04


その間、相棒は黙って行儀よくしたで待っていました、とさ。
05


峠から尾根伝いに舗装を上っていくと、金時林道の入り口に着く。ここからが今日のメインだ。
ゲートも開いているし、幸先がいい。
逆光に照らされた自転車もかっこいいじゃありませんか。

太いタイヤのおかげで、ダートも全く苦にならない。ただ悪名高いマファッククリテリウム、ブレーキの効きが悪いのはどうしようもない。ハンドルの下を握り、テールを流しながら下っていくのだ。
06

07



08


いったん上り返して、上り切ったところが坂田峠。地図にも出ていないが、朽ち果てた標識にはしっかりと書いてあった。

ここで早めのお昼にしよう。
昼食はほとんど外で食べることにしている。食堂等を使った事はまずない。コンビニでおにぎりやカップ麺を仕入れ、お湯を沸かしのんびり食べる。これが一番おいしい食べ方のような気がする。特に今日は寒さが気にならないのが更にいい。

09


峠でのんびりした後は、一気に国道まで下る。
途中、材木の伐採で、切り出された木がきちんと長さを整えられ、道ばたにうずたかく積まれていた。
ゲートが開いていた理由が分かった。林道本来の使い方をしていた訳ね。
おかげで道はドロドロ、帰ってからの後始末が大変だな。

下り切ったところがここ。これじゃあ入り口が分からないのも無理はないかも。この手前は国道138号。
10


路肩がないと言われていた乙女トンネルを抜けた。実際走ってみると、そこそこの路肩はあるが、段差があり、土砂が積もって走りづらく、ないのと同じ感じだった。ただ車が非常に少なかったので、難なく通過出来たのは幸運か?

仙石原まで来た。
明神林道の入り口のゲートも開いている。随分行いが良かったんだな、ウン!
11


眼前に金時山の頂を捉えながら、ペダルを踏んでいくと、ほどなく金時隧道。照明はないが、向こう側がはっきりと確認出来るので、何の心配もない。
春先に嶺方峠に行ったが、ここはトンネルがいつの間にか四角になってしまっていて、以前のような感じがなくなってしまった。それになんと無粋な看板であろうか。

やはりトンネルは丸がいい。
12


地蔵堂への黒白林道との分岐を過ぎるところにゲート。ここから先は通行止め。
路面も苔むしていて、これはこれでいいじゃないの。

「最高!!」と大声を出しながら走っていくのだ。
狩川沿いの道に分岐し、関所のあった矢倉沢を通過、一気に国道246号線、樋口橋に出る。
13


今度は東名、都夫良野トンネルの上をいく道に入る。大野山への道をわけると、とたんに激坂。道一杯に蛇行しながら亀よりも遅い速さで上っていく。もう一杯一杯だ。
14


都夫良野トンネルの入り口が見えたので休憩。

15


ようやっと着いた。
都夫良野地蔵堂。お地蔵様が何体も鎮座されていた。
これで上りは終わりだ。
16


茶畑けに日が当たりとてもきれいだ。フロントバッグの赤が余計引き立つ感じ(?)がした。
17


下りの途中、思いがけずすばらしい紅葉に出会った。一本の大木の真っ赤な葉っぱがそれはそれは美しかった。

後は道の駅までこの急坂を下ればいい。
18

COMMENTS

No title

たまには、おいしい地元の食もいいと思うのですが、どうも一人で出来上がるのを待っているのが、どうも苦手でして・・・。

これで今年のツーリングも終わり、来年の走り始めは・・・、自走でどっかへ、と思っちょります。

MAKOさんはパールを仕入れたようですね。私はワンランク下のテクノを調達しました。それにIRDの6段ボスフリー(13-24T)と日東のバッグサポータ。早く来ないかなぁ。

No title

富士山、きれいです。
登りたっぷりの走りごたえのあるコースであります。
>一番おいしい食べ方
食堂は当たり外れがありますから、わかります。
まず間違いないですもの。

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)