房総の紅葉2017

冬は房総がいい。と思っています。集落を巡る林道、素朴な隧道、穏やかな気候.どれをとっても冬の房総は矢張り捨てがたいところです。

紅葉の名所と言われている亀山湖、清澄寺、養老渓谷を巡るコースです。

いつもの道の駅「きみつ」車を止めたのが7時前。まだ駐車場は閑散としています。
寒さはそれほどでも・・・。予報通りの天候です。

近くに濃溝の滝という朝日に当たったときに綺麗な処がありますが今回はパス。

亀山湖は湖畔の紅葉が綺麗なんですが、今年は少し残念モード。少し茶色がかってしまっていますね。少し遅かったか!!??
01

これは5年前の12月1日に来た時のもの。このときの方が赤があざやかです。
kame6


黄和田畑から清澄養老ラインに入ると、谷が迫ったすばらしい道になってきます。ここは大型車通行禁止なのです。でも紅葉はややくすんでいます。やはり遅かったか?
02

日蓮上人ゆかりの清澄寺。この千年杉は見事。
境内は結構な大伽藍。スタッフの皆さんが朝の掃除をしていました。
「おはようございます」と声を掛けると、何倍もの声で「おはようございます」と返ってきました。
03

04

05

ここから麻綿原への道は昔から通行止め。
以前走ったときからですからね。
いい道です。緩く上る道をたんたんと進んでいくと・・・!!
06

大規模な崩落です。道全部が土砂崩れで埋もれてしまっています。
どうしよう。戻るか?でも時間はたっぷりあります。空身になって向こう側まで行ってみると、崩落現場に太い杉の木が3本あって、それが土砂を押さえているように見えました。実際その太い幹にすがって行くと、向こう側にはすんなりと行くことが出来ました。
07

それでもかさばる自転車と一緒は危険だと判断して、ホイールとバッグを外しひとつづつ運びました。その間数分。全て運び終わったときにはさすがにため息が洩れました。
08

これがその杉です。
09

麻綿原四辻(と勝手に呼んでいます)から予定では内浦県民の森に向かうのですが、時間的に押してきて、筒森に直接抜けることにしました。ここもいい。
10

筒森からは大好きな夕木川沿いの道を養老渓谷に向かいます。
11

12

養老渓谷駅から大福山に上る道は女が倉林道といって紅葉が綺麗な処です。
ここも盛りは少し過ぎている感じでしたが、今日もっとも綺麗な処でした。
何度も止まってカメラに収めていきます。
13

14

15

16

その後、大福山から亀山湖に出て三石山に上り返し、片倉ダムを経由して車をデポした道の駅に1時過ぎに戻りました。
これから親父の家にご機嫌うかがいです。フゥー。

ちなみにコースです。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)