相変わらずのヤビツ

11日早朝、前日から準備をし玄関前に置いておいたMTB。ザックを背負ってカギを閉め、さぁ駅に、と勇んでMTBに跨がると、なんと前輪がパンク!始発電車に間に合わず今日のコースはおじゃんとなってしまったのです。

一度寝床に潜り込みましたが、思い返してヤジロベー号に乗り換えて、いつものヤビツ峠に目的地を変更したのでした。
個人的に246号を走ることは避けたいし、名古木から蓑毛までのあの坂はどうも好きになれない。そんな事もあって、表ヤビツから上るときは、いつも浅間山林道経由で蓑毛に出ることにしています。

浅間山林道。
01


勾配も手頃な浅間山林道はとても好きな道です。
伐採された杉が路肩に山のように積まれ、出荷を待っているのでした。上って下ってまたちょっと上って豪快に蓑毛に下る、勝手知ったる林道なんです。

蓑毛。
02


峠目指してウンウン言っていると、秦野から一杯の登山者を乗せたヤビツ峠行きの始発の神奈中バスが、喘ぎながら大きなカーブを曲がっていきました。

菜の花台。
03


菜の花台からは中腹に表丹沢林道が見えて、その先に峠の鞍部があるのです。誰もいません。さすが平日。


そしてヤビツ峠。
04

バスを降りた登山者が数人、まだウロウロしていました。
おにぎりを一個ほおばり、長い裏ヤビツの下りを堪能するのでした。
上りも下りも裏の方が好きです。

あっという間に宮が瀬湖。
水位がずいぶん下がっていて、昔の峠道が現れていました。この道を何度上ったことだろう。

05

06


湖畔の大棚沢広場駐車場に入って、初めて散策。
この丸い柵を作ったのは、この木がもっと小さい時だったのでしょうね。今では枠が木を締め付けているようです。
07

地面も盛り上がっています。
植物ってすごいなぁ。
08

その後、帰りがけの駄賃ということで、法論堂林道、半原越をやったのですが、思った以上に手こずってしいました。やはり少し力が落ちてきていることは素直に認めなければ行けないようです。


後はビューンと自宅に戻るだけ。2時半には帰り着きました。日焼け止めを付け忘れ、腕が真っ赤です。

久しぶりにまともに走ることが出来ました。だいぶなまってはいましたが、何とかなった自分をほめたい。と言うことで今回のコースです。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)