ヤビツ峠周辺のダート

先週、久しぶりに輪行して、輪行の面倒くささを改めて痛感してしまったのでありました。平日の電車に乗ることの大変さ。これはやっぱり相当のストレスになるのです。通勤の人たちと随分違った荷物を持ってウロウロしていると、場違いな気持ちになって来てしまうのです。もちろんそんなことは気にすることはないのですが・・・。


自走でいつものヤビツ峠に行くことにしました。
少し山サイもやってみたい。ということでMTBの出番になりました。

用田バイパスの上からの引地川。この右手に新幹線の全車両〔16両〕が見えるのです。
01

清川村役場の前に道の駅が出来ていました。ここは使えそう。
02

半原越の分岐を過ぎて本格的な上りになってくると宮が瀬湖はすぐです。
湖畔は19度。やはり今日は暑いです。
03

ヤビツへの道、県道70号をゆっくりと上って行きます。
常緑樹の間に新緑が鮮やかに映えています。
04

この道はずくに裏ヤビツといわれていて、秦野側の表ヤビツは急坂でタイムトライアルをするローディーが多いのです。私は裏の方をゆっくり景色を眺めながら上って行くのが好きなのですが、最近はこちら側も道が整備されてしまって、拡幅されて昔の趣のあった道はだんだん少なくなってきてしまっています。
まぁ、学生の頃は結構なダート(もちろん表も・・・)で結構ハードなコースでした。

護摩屋敷の水をボトルに詰めて峠でお昼です。
05

食後、柏木林道を下ります。林道といっても完全に山径なので、乗ったり押したり引っ張ったり・・・。
06

径幅が結構狭いんです!!大きな石がごろごろしているところが多く、走りづらい。走る径ではないですからね。
07

湖の橋を渡って一気に下ると蓑毛です。
08


蓑毛から浅間山林道に入り、途中で春嶽林道に入ります。ダートが心地良い。
携帯電話の中継基地まで道があって、そこまでテクテク上って行くと、あとは浅間山林道に出るまで非常に楽しいダートの径が続くのです。
09

中継基地。
赤土の滑りやすい径を一気に下っていきます。えぐれた径があったりして、本当に楽しいのです。

10


浅間山林道に出れば、あとは大山の登山ケーブル駅の麓まで下りっきりです。さらに国道246号に出るまで豪快な下りを堪能するのでした。

それにしても山径が本当に下手になりました。もうダメかも・・・。

ちなみに今日のコースです。

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)