新年初走り

遅まきながら、明けましておめでとうございます。
今年も拙ブログを細々と続けていこうと思っております。

さて、元日から既に3日。千葉の親父の処に来て、そろそろ飽きてきました。
家に戻る前に房総の走り初めをすることにしました。

昨年末にも走った房総半島内陸部。今日は横浜に帰る日なので、2時前には戻っておかないといけません。養老渓谷まで林道を巡っていくことにしましょう。帰りは出来たら伊藤大山の麓の径を行ければいいなぁ。

実家の前の景色。植え込みと電信柱の間に小湊鐵道の列車が見えるのです。
01

国道297号を外れ、光風台駅前の道をひたすら南下します。国道409号を横断し、音信山(おとずれやま)林道に入るまではアップダウンの連続。完全に道の選択を誤りました。結構へべれけ。
02

人にも車にも全く出会いません。一車線の気持ちのよい道をほっほっと進みます。実に気持ちがいい。お正月だからかな?

県道160号からすぐに万田野林道へ。標識は既にこんな状態。
03


まだまだ南下は続きます。
大福山の標識も現れました。大福山から養老渓谷までは。紅葉の時期ならば車があふれ、人の波に押しつぶされそうな賑わいを見せるのですが、今日は人っ子一人いません。ここからは養老林道というのでしょうか。私は大福山林道を認識していたんですが・・・。
04

工事で通行止めの看板が立っていましたが、今日はお正月。まず工事はしていないだろうと思ってそのまま突き進みます。これがその工事なのでしょうか。すごいですねぇ。こんな光景始めてみました。これユンボですよね。法面を削っているのでしょう。
05

さらに進んでいくと、大福山林道の標識。ここを左に行くと女が倉林道。ここが正に紅葉の名所。下る途中にこんな休憩所がありました。コーヒータイムにはちょうどいい。誰もいません。暖かい日の光を浴び眠くなってくるのでした。
06

沿道の木々は葉をすべて落とし、その奥の杉等の常緑樹が勢いを増しているようです。
下り切って梅ヶ谷渓谷との分岐まできました。ここから朝生原林道で養老渓谷駅まで続いています。
07


養老渓谷のメイン通りの観音橋。
08

向山トンネルへの分岐はすぐでした。
トンネルの途中に空洞が出来ています。
09

この先は名無しの径。夕木川に沿った径ですが、ここがとてもいい。今回もここを走る為にコースを考えたようなものなんです。ダブルでトンネル。
10

またまたトンネル。たった3キロほどなんですが、変化に富んだ径は大好きです。
11

筒森から国道465号を上総中野に出て、伊藤大山の麓の林道(?)をやろうと思っていましたが、既に12時近くになってしまい、実家に戻る時間も押してきました。今回は県道81号を使って素直に戻ることにしましょう。
その前に養老渓谷駅で記念の一枚。
12

途中、列車にすれ違いました。思わず一枚。
13

一時半には帰り着きました。80キロの行程は変化に富んだよいコースだったと思います。新年の走り始めには十分だったかな?


どうです?おむすびくん。
養老渓谷の裏道を行きました。コースを参考にして下さい。









COMMENTS

No title

ミンコさん、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。

千葉からの帰りは混みませんでしたか?
我々は3時に実家をあとにしましたが、アクアラインに入るまでと川崎市内の混雑で、娘の家に着いたのはなんと6時過ぎ。いつもの倍以上時間が掛かりました。

実は実家でH先生からの10年前の年賀状(転居のお知らせ)を発見しました。機会を見つけて連絡してみようかと思っています。でも多分90歳近いだろうからなぁ・・・。

No title

明けましておめでとうございます。
重ねて お誕生日おめでとうございました。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

3日は帰省していた息子を千葉に送って行きました。
何処かでヤジロベー様と急接近が有ったかなぁと思っていましたが、
私たちが千葉に入ったのは、午後……😅
初走りは とっくに終えられていたのですね〜



COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)