FC2ブログ

縞枯山と茶臼山

スノートレッキングに行ってきました。

昨年、友人のHさんに誘われて初めて経験した雪山でのスノーシューを使ったトレッキング。すぐにはまってしまい、昨年秋にはセールのシューを買ってしまいました。
二月の上旬に予定していたスノトレは体調不良で断念。今回が最後のチャンスでありました。

横岳ロープーウェーの山頂駅に着き、準備を終え出発です。あいにく、最近雪が降らず、新雪を踏みしめて踏み跡をつけていく、といった雰囲気ではなく、踏み固められたところを歩く感じでした。樹氷も大半が落ちてしまい、昨年見た光景はありませんでした。でもノープロブレム。一年振りのトレッキングは楽しいだけ。新しいシューも雪に良く食い込み、昨年のレンタルものよりもいい気がします。

縞枯山の上りは結構な直登。息を切らして上ります。想像以上に気温が高く、レイヤーのフリースを脱いでの歩きでした。マイナス8度と言っていたけど本当でしょうか。

今日の最高地点2403mの縞枯山は道標も無し。近くの展望台での一枚となりました。
01


03


同行の友人Hさん。今回も全てHさんのお膳立てです。本当にありがたいことです。Hさんは私にとっては「自然の先生」。特に霧ヶ峰や車山などには造詣が深く、いろんなことを教えていただきながらのトレッキングです。
02


縞枯山から八ヶ岳を眺めます。これから手前に見える茶臼山に上るのです。
08

ここも手強かったのですが、淡々とこなし大石峠に。ここで昼食。持参したパンやスープで腹を満たします。ライターを雪の上に落とし、一時は点火不能になってしまい、焦りました。はやりマッチが必要でしょうか。
それにしてもチーズがうまい。



今度は山の麓をまいて山頂駅に戻る道をたどっていきます。
04

段々雲が切れてきて、こんなすばらしい青い空が出現です。手前の黒いものは何?????
05

シルエット。
06


ロープーウェー駅に着く直前、時間があるので一服しました。
07


9時過ぎに歩き出して、午後3時前には戻ることが出来ました。とっても楽しい時間を過ごしたしたが、結構上りは手強く感じましたし、帰りぬ緩やかな上りでは、足の付け根が痛くなり歩くのが少ししんどい時間もあったりして、それなりに苦労したことも事実で、逆にそれがあるからこそ、楽しさも倍増するのでしょう。

来年はどこに行きましょうか。Hさん。

ちなみにコースです。

スポンサーサイト