甲斐大和から上って下って・・・


先週、リハビリサイクリングと称して100キロ近くの走りをした訳ですが、今週は少し上りを確かめてみましょう。と言うことでやってきたのは、道の駅:甲斐大和。

地図を眺めていると、甲斐大和から大菩薩の麓の上日川峠まで様々な道が通じています。ほとんど林道で、何処を走っても標高差は1000メートルを超えます。嵯峨塩鉱泉を通って行く道は経験済み。

そこで今回は菱山深沢林道、深沢嵯峨塩林道、砥山林道、下日川峠林道、日川林道、そして焼山沢真木林道と林道をつなぎ合わせたコースです。

道の駅で組み立てて、R20を下って柏尾から急坂を上っていきます。辺りはブドウ棚が沢山あって、まだ6時になったばかりなのに既に作業している方がチラホラと・・・。
既にローローでなったギヤでも辛くなった頃、菱山深沢林道の起点(終点?)に到着。
01

少しばかり楽になった道をゆっくりペダルを踏んでいきます。いつの間にか蛇行しているような・・・。
02

そして深沢嵯峨塩林道に入ると、調子も上がってきて、ルンルン気分になるのです。天気はどん曇り。お陰で熱中症の心配はないものの、かえって指切り手袋では寒いくらい。景色も大したことが無く、ただモクモクと進んでいくのでした。もちろん景色なんて期待もしていなかったのでした。
03

「おーっ!!」つい叫んでしまいました。急に目の前に富士が・・・。
手前の山々にかかる雲が何ともいいでしょ?
04


この林道、法面の崩落が半端でなく、あちこちで崩れておりました。通行止めになることもあるんじゃないかなぁ。
05

上りきって、富士と一緒にパチリ。
06

07


下りはウィンドブレーカーを羽織っても寒いくらい。そういえば笹子トンネルのそばの温度表示が14度でした。あっという間に下りきり、すぐに砥山林道に入ります。
08


今回の目的の一つに下日川峠に行くことがありました。上日川峠は非常におなじみですが、下日川峠は特にサイクリストの間では、ほとんど知られていないような気がします。
知山林道をシコシコ上っていくと、この分岐に着きます。下日川峠林道。
ここからダートになります。今回細いツアラー26Cに交換し、ちょっとダートは心配です。
09

いいダートです。
10

緑に紅。
11


GPSに保存した下日川峠のすぐ近くまで来ているにもかかわらず、どうしても見つかりません。何度か行ったり来たりを繰り返しますがダメ。仕方なく引き返そうと思ったとき、少し手前に二股に分かれる道があって、そちらに「源治郎岳」の道標があったことを思い出しました。そこで戻ってもう一方の道を上り始めるとすぐに、ふたたび「源治郎岳」の道標。すると地形図通り、さらにGPSの指示もピッタリ峠に重なりました。ここが峠だ!!
01


標識はありません。ただ源治郎岳への分岐状態が地図と同じだったことで間違いないでしょう。
12


ここで一服、と思っていたのに、余りに愛想が無くてすぐに下りました。

砥山林道に戻ってからも、思い出したように富士が顔を現します。
13

そして大菩薩湖。すごい名前です。そしてここをせき止めているダムは上日川(ひかわ)ダム。峠の名前は「にっかわ」なんですが、これってどういうことでしょう。
14

その湖のビューポイントらしい場所からの富士です。時間が経つにつれて雲が覆ってきました。
15

案内図。これを見ると、砥山林道の沿道に中日川峠があるじゃないですか。そういえば道標がありましたが、峠の表示はありませんでした。
16


大菩薩湖を一周して、今度は日川林道です。ずっと標高1500メートル前後を上ったり下ったり。さすがに足に来ています。少し上っていてもすぐにローロー近くまで落とします。でも自分のペースで進んでいくと、何とかなるもので、余り長い休みも取らずにここまで来ることが出来ました。
あと数十メートル上れば、標高差1000メートルのダウンヒルが待っているのです。

湯の沢峠の分岐を過ぎて、一気に下るのでした。
17

18

19

道の駅に着いたのが12時過ぎ。6時過ぎに走り始め、全くと言って良いほど平地がない、上るか下るかの繰り返しの6時間弱のハードなサイクリングでした。
20


これで家に帰って午後4時半には世田谷に行かなくては・・・。誠に忙しい日曜日なのでありました。

上りもなんとかこなせそう。これで事故の影響は払拭した、と思いましょう。