みやがせちと仏果山

新しい道の駅が出来ました。
道の駅「清川」、清川村役場のとなりに出来た駅です。
01

なるべく早く家に帰らないといけないので、ここまで車での移動です。

半原越への道に入ってすぐの処から「みやがせみち」は始まります。土山峠にダイレクトでいける径ですが、ほぼ廃道状態。でも自転車なら最高なんです。上りは押していくのです。
02

背丈ほどに生えているススキの向こうが仏果山と土山峠への分岐です。
03

今日はこの分岐に自転車を置いて、歩いて仏果山に上るのです。
04

仏果山が見えてきました。
最近歩くのもいいなぁ、と。今日ももう少し時間があれば、金時山辺りに行こうかと思ってはいたんですが・・・。
05

岩が露出しているやせ尾根を慎重に行くと程なく仏果山。
06

展望台に上ると、宮が瀬湖が下に見えてなかなかの景観が楽しめるのです。
9時に道の駅を出発して11時頃の到着。コースタイムよりも少し早かったですね。
047

08

霜柱が立っていました。やっぱり冬なんですねぇ。でも快晴の空のもと、それほど寒さは感じませんでした。山頂で休んでいると、中高年の方たちがゾクゾクとやってきます。平日だもの、仕方がないよね。
09

その後、高取山まで足を延ばし、宮が瀬越から宮が瀬湖に下りました。
仏果山はそこそこ急な坂が続き、数年前に妻と一緒に来たときは、コースタイムの1.5倍くらいの時間がかかってしまいましたが、今日は快調です。
10

湖畔に出て、湖岸の自動車道を土山峠まで歩き、そこから再び山に入り、自転車をデポした分岐に戻ってきました。
11

そして最高の下り。自転車の醍醐味でありますな。
12

道の駅に戻ったのが2時頃。朝の渋滞にはまり、1時間ほど予定よりも遅い到着となり、家に帰り着いたのは、3時を回ってしまっていました。干していた洗濯物が湿気てしまい、ちょっと残念。そのために2時には帰ろうと思っていたのに・・・。

今日のコースです。